ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

尾山台のジビエが美味しいビストロ レ シュヴルイユ

東急大井町線尾山台駅から程近いところにある手頃なフレンチ レ シュヴルイユに行きました。

尾山台駅自由ヶ丘から二駅のおしゃれな住宅地。レ シュブレイユは駅から北へ向かって、大きな通りを左へ曲がった静かなところにあるお店。

土曜日の夜に予約なしで行ったので、入れるかな、と思ったのですが、ちょうど一席だけ空いていました。店内は常連さんらしき人たちがほとんどでした。

f:id:nortebell:20180304233422j:plain

f:id:nortebell:20180304233425j:plain

店内には大きなテーブルに小さなテーブルが3つ。

忙しそうにしているマダムがメニューを持ってきてくれました。グラスワインは日替わりらしく、聞いてみると何本か持ってきてくれました。

f:id:nortebell:20180304233429j:plain

こちらは料理のメニュー。猪があるとのことで、スペシャルは猪料理が並びます。

f:id:nortebell:20180304233433j:plain

最初のワインはリースリングにしました。

f:id:nortebell:20180304233438j:plain

最初に前菜三種盛り。きのこのマリネ、レバーパテ、スモークサーモンを選びました。

f:id:nortebell:20180304233441j:plain

レバーパテと食べるために自家製のパン、カンパーニュも一緒に頼みます。

前菜なので、ちょこっと出てくるのかな、と思っていましたが、量がかなり多く驚きました。

レモン味のきのこのマリネ。きつ過ぎない燻製味の自家製スモークサーモン、そして、レバーパテ。

レバーパテは自家製と書いていなかったけど、どこかから仕入れているのでしょうか。

f:id:nortebell:20180304233444j:plain

次の前菜はバスク産生ハムにあまおう。盛り合わせがきれいです。酸味のあるいちごに生ハムがよくあいます。リースリングもちょうど良い組み合わせ。

f:id:nortebell:20180304233448j:plain

次は隣のテーブルで食べて美味しそうだったオニオングラタンスープ。

f:id:nortebell:20180304233451j:plain

定番ですが、完璧でした。

f:id:nortebell:20180304233509j:plain

メインは猪のロースト ピサンリ添え。

ワインはフランスのマルベックにします。

f:id:nortebell:20180304233455j:plain

猪のローストにピサンリと呼ばれるたんぽぽの若芽に猪の骨でとったソースを添えたもの。

ジューシーにローストされた猪の良さが生かされている一品。ジビエの味とちょっと強めのソースの具合がちょうど良いです。

あとで聞いたのですが、猪は高知県の漁師から猪半分を仕入れたとのことで、ガラをソースしたとのことでした。

f:id:nortebell:20180304233501j:plain

デザートはピスタチオのブリュレにしました。調理している時に店中にカラメルの匂いが漂いました。

f:id:nortebell:20180304233506j:plain

ピスタチオの味が調和しているブリュレ。この店は味が濃すぎず、ちょうど良いです。完璧なデザート。

お酒もそれなりに飲んで、これで二人で12000円弱でした。

全ての料理が濃すぎず、薄すぎず、味付けの具合がちょうど良いのが嬉しかったです。このレベルの料理でこの値段はかなりCP良いと思います。店の感じも良いですし、サービスも心地よいです。

マダムによると、季節によって色々なジビエを漁師から仕入れているとのこと。再訪したい店です。

レ シュヴルイユフレンチ / 尾山台駅等々力駅九品仏駅
夜総合点★★★★ 4.0