読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

東京ドーム近くラクーアのアメリカのチェーンレストラン ババ・ガンプ・シュリンプ 東京

一昔前(1995年なので、22年前)のトム・ハンクス主演の映画「フォレスト・ガンプ」をテーマとしたエビ料理のレストラン、ババ・ガンプ・シュリンプ 東京

アメリカを中心に世界に43店舗(2017/1現在)あるチェーンです。

www.bubbagump.com

レストランは東京ドーム近くのラクーアの中庭のライトアップされているプール、噴水の前にあります。 

f:id:nortebell:20170122214057j:plain

店の前にはフードサンプルのディスプレイ。

f:id:nortebell:20170122214259j:plain

店内はいかにもアメリカのテーマレストラン風。土曜日の夜で8割くらいの客入りです。

レストラン、場所柄、外国人が目立ちますね。

かなり若いウェイトレスに案内されました。全体的にスタッフが若いです。

2人での来訪でしたが、窓際の小さな席に案内されました。中央の大きめ席がかなり空いていて、2人客が多かったので、どうしてだろう、と思いつつです。

冬でしたが、上着、荷物を置く場所もありません。

しかも、床は掃除されておらず、べとべとしているようで少し汚いです。

f:id:nortebell:20170122214109j:plain

まずはドリンクを注文し、料理を選びます。

色々な調理方法のエビ料理がメニューにたくさん並んでいます。それ以外にもシーフード、ステーキ、パスタ、ハンバーガーなど、アメリカ料理が色々と。

■シュリンパーズネットキャッチ レギュラー 1910円

f:id:nortebell:20170122214219j:plain

まずは当店自慢の、というシュリンプのビール蒸しにします。2種類の味、ケイジャン風味とガーリック風味のミックスにします。各10匹程度でしょうか。それなりの値段で、結構な量です。

殻ごと食べられるとの案内でしたので殻ごと食べてみましたが、食べられないことは無いですが、殻がちょっと気になる硬さです。全部そのまま食べるのはちょっと辛いので、固いところを避けて食べました。

ケイジャン味はちょっとスパイシーなケイジャン風味のパウダーを振りかけたのでしょうか。なんか、おもちゃみたいな味です。

ガーリックの方がエビの味が際立っていました。ただ、エビ自体はかなり大味です。

ビールのおつまみには悪く無いと思いました。ただ、これで1910円はかなり割高です。アメリカでも同じくらいの値段付けのようで、物価が安めの日本でも同じ値段のようです。

■シュリンピン "ディッピン" ブロス 1900円

f:id:nortebell:20170122214226j:plain

こちらはウェブサイトを見る限り、アメリカのメニューにはなかった料理。

エビのスープにバゲットとご飯を浸して食べます。

メニューを見ていたら美味しそうだったけど、実物は豪華感が無い見た目です。ご飯かバゲットのどちらかでもよかったかも。

このスープ、インスタント感が強いですね。そこにちょっと本物のエビの味が加わった感じか。

別にまずくは無いのですが、これで、1900円はありえないです。

■フォレストシーフードフィースト 2340円

f:id:nortebell:20170122214230j:plain

最後は揚げ物の盛り合わせです。

フライドシュリンプ、フィッシュアンドチップス、コールスロー、ハッシュパプスにカクテルソース、タルタルソース、レモラードソースです。

ウェイトレスが持ってきましたが、小さいテーブルだったので、置く場所がありませんでした。どの料理もアメリカサイズで無駄にお皿が大きいです。

しかもテーブルには何に使うかわからないバケツに入ったキッチンペーパー、ナンバープレート、ラケット型のドリンクメニューなどでかなりスペースが狭いです。

f:id:nortebell:20170122214232j:plain

もう少し考えて、遅らせて出してくれてばいいのにと思いましたが、チェーン店では仕方ないのでしょうか。

ウェイトレスはバスケットを下に置きましょうか、と言ってきました。床はかなり汚く、本気かな?と思って、隣の空いているテーブルをつけてくれないか、とお願いしたら、大きいテーブルに移動してくれました。

フレンドリーではありましたが、ちょっといまいちな接客でした。

フライの盛り合わせですが、ごく普通に美味しいです。揚げ方が上手。各種ソースと良くあって、ビールが進みました。ただ、これで2340円は割高感がありました。

味もサービスもアメリカのチェーン店って感じですが、CPは悪いですね。

特筆して美味しい料理もなく、全体的にちょっと残念な時間になりました。

ババ・ガンプ・シュリンプ 東京アメリカ料理 / 後楽園駅水道橋駅春日駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.8

香港・マカオ4泊5日旅行 その3 香港で倫敦大酒樓飲茶、黄大仙祠で参拝、泰式火鍋

2017年の年始に4泊5日で香港とマカオに行ってきました。

1日目は香港空港からフェリーでマカオに向かいカジノホテルを散策しました。 

jorgito.hatenablog.com

2日目はマカオの世界遺産観光とポルトガル料理。

jorgito.hatenablog.com

3日目はフェリーで香港に戻り、倫敦大酒樓で飲茶、黄大仙で参拝し、泰式火鍋のディナーにしました。

目次

タイパフェリーターミナルから九龍ターミナルへ向かいました。行きと同じCotai Jetです。行き先は香港島側の香港ターミナルが多いですが、今回泊まるホテルがある九龍ターミナル行きもある程度あります。

f:id:nortebell:20170122223808j:plain

ザ パーキン ホテル -The Perkin Hotel-

フェリーターミナルからタクシーで向かって、まずはホテルへチェックイン。Hotels.comで予約して泊まったのはザ パーキン ホテル、The Perkin Hotelです。

尖沙咀の北の方、メインの通り、ネーサンロードからミラマーショッピングセンターの所を横に入って、階段を上がり、おしゃれな飲み屋が並ぶナッツフォードテラスに面したところにあります。

ナッツフォードテラスは車が入れるような道では無いので、タクシーで前まで行けないのが難点でしょうか。

ザ パーキン ホテル - 九龍のホテル、九龍のホテル予約 &PricesFrom から | ホテルズドットコム

ホテルはきれいな雑居ビルの中にあります。5星では無い5星ホテルの居心地、との事でしたが、正にその通りのおすすめのホテルです。

フロントは5階。きれいなフロントで、フレンドリーなスタッフ。ドリンクのサービスもあります。

f:id:nortebell:20170122223812j:plain

こちらはダブルルームの様子。この時は一人一泊6500円程度でした。

f:id:nortebell:20170122223815j:plain

窓からの風景。景色は良くはないですが、香港の街並みが見られます。

f:id:nortebell:20170122223821j:plain

おしゃれな洗面台。全体的にスタイリッシュな店内です。

f:id:nortebell:20170122223829j:plain

かなり居心地の良いホテルでした。

ビルの下のナッツフォードテラスにはバーがたくさんあるので飲みに行くのにも便利です。

倫敦大酒樓 ーロンドンレストランーで飲茶

ホテルで少しゆっくりして、遅めのランチは飲茶にしました。

ワゴンで持ってきてくれる店でネットで探し、有名店らしい、地下鉄の旺角駅にほど近い倫敦大酒樓にしました。

4travel.jp

九龍のメインの通り、ネーサンロード沿いにあります。

f:id:nortebell:20170122223852j:plain

かなり広い店内で、観光客風のお客さんもいましたが、大多数派地元の常連さんの様子です。

f:id:nortebell:20170122223854j:plain

席に案内され、すぐにお茶を持ってきてくれました。お茶の選択肢は無いようです。

f:id:nortebell:20170122223859j:plain

日本のガイドブックにも載っていて、観光客も多いようで、日本語のメニューもありました。

f:id:nortebell:20170122223904j:plain

f:id:nortebell:20170122223907j:plain

ワゴンで来る点心から選ぶ以外にもメニューから注文も出来ます。

なお、遅めの時間だったので、途中で移動ワゴンのサービスは終わり、厨房前のワゴンに、好きなものを取りに行くスタイルになりました。

こちらが注文用紙。口頭での注文でもOKです。

f:id:nortebell:20170122223901j:plain

f:id:nortebell:20170122223912j:plain

まずはチャーシューマン。美味しい肉まん。

f:id:nortebell:20170122223921j:plain

f:id:nortebell:20170122223925j:plain

f:id:nortebell:20170122223917j:plain

ゆば蒸しとオイスターソース蒸し。点心らしくぷりっとしていました。

f:id:nortebell:20170122223832j:plain

蒸し餃子の澄ましスープ。スープが美味しいです。

f:id:nortebell:20170122223835j:plain

肉団子、と思いきや魚介の団子でした。これはこれで美味しいです。

f:id:nortebell:20170122223841j:plain

海老蒸し餃子です。こちらもぷりぷり。

f:id:nortebell:20170122223856j:plain

芋頭餅です。結構ボリュームあります。2種類のソースをつけて食べます。

f:id:nortebell:20170122223956j:plain

最後に春巻き。こちらは日本のとは違いビスケットみたいな皮。具も乾いていて、想像していたものとはちょっと違いました。味もイマイチか。

f:id:nortebell:20170122223849j:plain

この辺りで2人で満腹でした。これで1人2000円代程。豪華ではないですが、普通に美味しい地元の味って感じでした。

香港らしくかなりせわしない店内でしたが、接客も良く、大満足でした。

黄大仙祠

飲茶の後は香港で最大級の道教寺院黄大仙祠へ行きました。

旺角駅で日本のSUICAの様なオクトパスカードを購入し、地下鉄で黄大仙駅へ向かいました。

黄大仙らしく、地下鉄の駅は黄色です。

f:id:nortebell:20170122224141j:plain

駅を出てすぐのところにあります。

f:id:nortebell:20170122223930j:plain

駅前には土産物屋さんが並びます。

f:id:nortebell:20170122223937j:plain

ここで寺院に供える線香のセットも購入しました。

f:id:nortebell:20170122223940j:plain

土産物屋さんの風景。

f:id:nortebell:20170122223944j:plain

門の前には12支の像。f:id:nortebell:20170122224013j:plain

メインの門。

f:id:nortebell:20170122224020j:plain

ランプが飾られていました。

f:id:nortebell:20170122224043j:plain

f:id:nortebell:20170122224049j:plain

寺院で火をつけた線香を捧げます。3回礼拝して、3本づつ香炉に立てます。

f:id:nortebell:20170122224034j:plain

寺院の前には、おみくじ、竹の筒筮竹(ゼイチク)があり、跪いて、占いたい内容を念じ、番号がかかれた竹の棒1本が出てくるまで振り続けて、出た番号は控えておきます。

寺院の近くの占いブースで(有料で)内容を聞くことができます。日本語が出来る人もいます。

f:id:nortebell:20170122224053j:plain

占いの前に寺院を散策します。

f:id:nortebell:20170122223954j:plain

 廟がいくつかあり、ビルの谷間って感じの庭園もあります。

f:id:nortebell:20170122224101j:plain

f:id:nortebell:20170122224133j:plain

f:id:nortebell:20170122224136j:plain

f:id:nortebell:20170122224147j:plain

寺院のすぐ近くの占いブースが並ぶビルで先ほどのおみくじの結果を聞きます。日本語OKの占い師は4人ほどいました。安いのですが、おみくじの内容を日本語で読むだけで、あ、そう、って感じです。

連れは手相占いもしてもらいました。結構高いですが、選んだ占い師が悪かったのか、手相に関するネット上の資料を見せて説明し、適当に誘導尋問をして、って感じで、占い感はなく、微妙でした。

f:id:nortebell:20170122224150j:plain 

f:id:nortebell:20170122224156j:plain

占いの後は黄大仙駅近くのモールで買い物をして、近所を散策しました。道路の逆側は住宅地で帰宅ラッシュでした。

香港のマンションの様子。

f:id:nortebell:20170122224144j:plain

小腹が空いたので、ショッピングモールのマクドナルドでスナックにしました。

冬のメニューのフライドチキン、ざりがにのビスク、そして、コーンパイ。まあ、マクドナルドの味ですね。

f:id:nortebell:20170122224158j:plain

この後は、2階建てのバスに乗りたかったので、ここからちょっとアドベンチャー、との事で、宿方面のバスで適当に戻る事にしました。たまたま来た九龍湾方面のバスに乗りました

iPhoneアプリMAPS.MEで位置を確認しつつ、30分ほどバスに乗り、賑やかそうなところで降りました。 

MAPS.MEは海外旅行で大活躍のネット環境がなくても、オフラインでもGPSで(事前にダウンロードした地図上で)、今いる場所がリアルタイムにわかるアプリです。

九龍湾は賑やかといっても遅い時間だったので閉まっている店が多かったです。

f:id:nortebell:20170122224247j:plain

街中にたくさんある漢方茶の店でお茶を頂きます。

f:id:nortebell:20170122224232j:plain

近所のショッピングモールに行ったり、海沿いの公園で休憩したり、ぶらぶらしていると火鍋の店の看板があったので入ってみました。

鴻福海鮮四季火鍋で泰式火鍋

メインの道をそれてちょっと行ったところにあります。

f:id:nortebell:20170122224432j:plain

お客さんもたくさんいて、活気があって良い感じ。

f:id:nortebell:20170122224419j:plain

火鍋を食べている人と焼肉を食べている人がいました。炭火の七輪が美味しそうです。

f:id:nortebell:20170122224218j:plain

英語を少しだけ話せる店員が来てくれました。メニューは中国語のみですが、漢字なのでなんとなくわかるような気がしました。

おすすめを聞いてみると、スパイシーがいいか?と聞かれたので、少し、と答えると泰式火鍋を勧められました。

f:id:nortebell:20170122224201j:plain

f:id:nortebell:20170122224251j:plain

ビールを飲みながら待っていると、七輪をテーブルに持ってきてくれました。

f:id:nortebell:20170122224214j:plain

スープが入った鉄鍋にディッピングソースが出てきました。

f:id:nortebell:20170122224254j:plain

こちらがスープが煮えた様子。少し味見をしてみるとココナッツが入っていてちょっとエスニックな味です。

タイ風?と連れと話していて気がつきました。泰式=タイ式だったんですね。

香港風鍋を食べる気満々だったので、ちょっと残念、と思いましたが、スープの味は今でも時々思い出すほどの絶品でした。コラーゲンたっぷりの骨つきぶつ切りの豚肉、鶏肉、人参、とうがらし、にんにく、そしてとうもろこしが入っていて、全体が調和したスープ。

f:id:nortebell:20170122224259j:plain

このままでは食べるものはないので野菜と肉を頼みました。

野菜は店員も説明できないらしく、厨房でどれが良い?とのことで、クレソンっぽい野菜を選びました。

お肉は豚肉の薄切りと鶏肉のぶつ切り、そして、豚の筋肉の削ぎ切り。

豚肉の薄切りは普通に美味しいです。

絶品だったのが豚の筋肉。写真を撮るのを忘れましたが、一見、豚トロっぽい赤目の脂が多い見た目で、少し鍋で煮ると豚の旨みと脂の味が調和して最高でした。さわやかなディッピングソースに浸すと脂っぽさもまったくなく、さらに美味しかったです。

f:id:nortebell:20170122224304j:plain

鶏肉はかなりの量でしたが、鶏の味があまり感じられず。悪くはないのですが。

f:id:nortebell:20170122224317j:plain

せっかく香港にいるのに、鍋の種類を間違えたか、と思いましたが、鍋自体は非常に美味しく、また、食べてみたいと思いました。

店内の雰囲気、店員の感じも良かったです。適当に入って、大当たりって感じでした。これで一人2000円も行きませんでした。

帰ってからネットで調べると映画インファナル・アフェア2のロケでも使用された店でそれなりに有名だそうです。日本語の紹介記事があって驚きました。

www.cathaypacific.co.jp

九龍湾からはタクシーでホテルに戻りました。デザートはナッツフォードテラスへ続く階段の下にあるアイスクリームにしました。

f:id:nortebell:20170122224328j:plain

かなり甘いです。

f:id:nortebell:20170122224322j:plain

寝る前にナッツフォードテラスで一杯。

f:id:nortebell:20170122224448j:plain

香港・マカオ旅行4日目に続きます。

大井町駅近くの老舗のとんかつ屋 丸八本店

JR、東急大井町駅から商店街を歩いてすぐの道路沿いにあるとんかつ屋さん。大井町の飲み屋街の表の方、と言ったらわかりやすいでしょうか。

f:id:nortebell:20170121234342j:plain

平日の夜に一人での訪問になりました。1Fはカウンター席で2Fがお座敷の様です。

1Fのカウンターはほぼ満席でしたが、1席だけ空いていてすぐに通されました。

f:id:nortebell:20170121234321j:plain

観察していると、飲み屋に使っている常連さんが多い様ですね。

とんかつ単品とお酒とか、おつまみ系や他のポークソテー、ハンバーグなど洋食系単品とお酒のお客さんの声が聞こえてきました。

大井町の洋食といえばブルドッグですが、丸八ファンも多いのではないでしょうか。 

jorgito.hatenablog.com

 

f:id:nortebell:20170121234331j:plain

こちらが外に出ていたメニューです。

f:id:nortebell:20170121234325j:plain

注文は上ロースカツ定食にしました。まずは漬物が出てきました。

f:id:nortebell:20170121234327j:plain

■上ロースカツ冷食 1650円

f:id:nortebell:20170121234336j:plain

トンカツ、キャベツ、豚汁にご飯。

ちょっと濃いめの色に上がったトンカツです。衣の片方だけ黄色になっているのが特徴的です。片方だけ卵と衣を二度付けているんだとか。

f:id:nortebell:20170121234339j:plain

とんかつはサクッと揚がっていました。揚げ方が上手です。

お肉は非常に柔らかく仕上がっていました。お肉自体の味も普通に美味しいです。ごく普通のとんかつですが、丁寧に作ってある感じ。

とんかつは時間が経っても全然脂っこくなりません。最後まで美味しくいただきました。

この店で特筆出来るのは、丁寧な接客と気遣いです。凄く居心地が良いです。常連さんが多く、いつも混雑なのもわかる気がします。

洋食のメニューも美味しそうだったので、今度はとんかつ以外もトライしてみたいと思いました。 

 

丸八とんかつ 本店とんかつ / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

 

とんかつDJアゲ太郎 8 (ジャンプコミックス)

とんかつDJアゲ太郎 8 (ジャンプコミックス)

 

 

学生の街日吉の国際的カレー ハイ、ハウアーユー(Hi, How are you?)

東急東横線日吉駅近くのカレー屋さん、ハイ、ハウアーユー(Hi, How are you?)に行きました。

f:id:nortebell:20170119224831j:plain

商店街側の出口を出て、マクドナルドの脇の道から少し行ったところの雑居ビルの3Fにあります。

f:id:nortebell:20170119224754j:plain

外に看板も出ているのでわかりやすいです。

f:id:nortebell:20170119224803j:plain日曜日のランチの遅い時間でしたが、待っているお客さんが一組。狭い店内でカウンターの後ろの椅子で待ちます。

日吉は慶応大学がある学生街。会話も聞こえてきましたが、お客さんは慶応生風のお客さんが多い様子。

10分ほどでテーブル席に案内されました。f:id:nortebell:20170119224817j:plain

こちらがメニューですが、これ以上にカウンターの裏の壁に色々なオリジナルのカレーのメニューが掲示されていました。

基本のキーマカレー、ビーフカレー、豆のカレー、チキンカレーなどもありますが、人気はなかなか日本では見ないパキスタンのチキンカレー、タイ風のクワクリリンなどのようです。

アジア各国の料理を研究して作ったオリジナルカレーなんでしょうか。店主が色々と旅知って考えたのかな?との印象を受けます。

他のカレーも日本の名店のオマージュなど、スパイスを色々と使用し、調理法にも拘っって、とにかく凝ったメニューが多いです。

f:id:nortebell:20170119224810j:plain

店内はアジア各国で買ってきたような雑貨でデコレーションされていて、ちょっと狭いものの心地よい空間にしています。

店内にかかっていた音楽はアメリカのインディー系。アーティストのポスターも貼っていました。店主の趣味でしょうか。店内の雰囲気によくあっていました。

f:id:nortebell:20170119224814j:plain

全てのカレーがハーフアンドハーフも出来るとのことで、二人で4種類のカレーにチャッツネを添えて、サラダを別にオーダーしました。

■ピリパリサラダ 300円

f:id:nortebell:20170119224820j:plain

12種類の野菜と唐辛子、ピーナッツに四川風のドレッシングのサラダ。全体的に中華風な感じ。唐辛子は辛くは無いです。全体の調和が完璧で前菜にちょうど良いです。

■キーマノワールとクワクリリンのハーフアンドハーフ

f:id:nortebell:20170119224824j:plain

正確に覚えていませんが、1200円くらいだったと思います。ミントとパクチーのチャッツネ添え。

キーマノワールは焙煎したスパイスと黒ごまで仕上げた黒いキーマカレー。ゴマの味が濃厚で、スパイスも色々入っているようですが、特に際立っているスパイスもなく、全体が調和しています。中辛とのことでしたが、あまり辛くはありません。

千切りキャベツとトマトと一緒に食べます。この店のオリジナルのようですが、カレーの味から、食べた時の食感まで、よく研究しているんだな、と思いました。美味しいです。

もう一品はタイ南部料理クワクリンを参考に作ったというクワクリリン。タイの食材、パイマックルー、バジル、豚のひき肉、パクチーを使ったカレーです。

大辛とのことで、それなりに辛いですが、辛すぎはしません。美味しい辛さ。タイのカレーというと汁っぽいグリーンカレーレッドカレー、マッサマンカレーですが、全然違うアプローチで、タイの炒め物をカレー風に仕上げた料理。こちらも全体のバランスが良いです。

■チキンカレーとトリッパパキスタン

f:id:nortebell:20170119224827j:plain

こちらも1300円くらいでしたでしょうか。トリッパパキスタンは更に盛られていて、血汁っぽいチキンカレーは別盛りです。

f:id:nortebell:20170119224834j:plain

トリッパパキスタンはレギュラーのカレーのパキスタン家庭風チキンカレーに牛の内蔵、トリッパを追加したもの。

パキスタン家庭風チキンカレーは水を使わず、鳥の手羽元を玉ねぎ、トマト、オイル、塩、スパイスだけで徹底的に煮込んだものとの事。牛六角橋のサリサリのカレー風との事です。

パキスタン家庭風とのことで、パキスタンでもあるのか、サリサリのカレーがオリジナルなのかよくわかりませんでしたが、完璧でした。

今回頼んだ4つのカレーの中でこれが一番気に入りました。

タジン鍋のように水を使っていないせいか、具材の旨みが凝縮され、使われているスパイスが素材の味を増幅して、一口に食べると口の中で色々なフレイバーが広がりました。絶品でした。

他の美味しいカレーを食べた後のチキンカレーは悪くはないのですが、普通、に感じました。

全体的に、店主のカレーに対する愛着とそれを実現する才能が感じられた品々でした。

再訪して他のカレーも食べてみたいと思いました。

なお、店内はカレー、スパイス臭がありますが、扉を出た後に消臭剤がご自由にお使いくださいと並んでいました。

f:id:nortebell:20170119224837j:plain

ハイ,ハウ アー ユーカレーライス / 日吉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

香港・マカオ4泊5日旅行 その2 マカオ世界遺産散策、マカオのポルトガル料理

2017年の年始に4泊5日で香港とマカオに行ってきました。

2日目はマカオの世界遺産観光とポルトガル料理です。

マカオ旧市街には世界遺産の構成遺産の教会、建物、広場などが30カ所。狭い区域にあり、1日に徒歩で全部回ることも可能だそうです。

1日目の様子はこちらから。

jorgito.hatenablog.com

目次

ホテルからタクシーで世界遺産観光の中心、セナド広場へ向かいました。マカオはタクシーがかなり安いです。 

街角の様子をタクシーから撮影しました。


Macau Street

セナド広場

マカオ旧市街の中央にある広場です。観光の中心です。

年が明けていましたが、クリスマスのデコレーションが残っていました。

f:id:nortebell:20170111002713j:plain

f:id:nortebell:20170111002719j:plain

たくさんの観光客で賑わっていました。

f:id:nortebell:20170111002743j:plain

古いコロニアル風の建築が並びます。

ポルトガル語の看板、Pharmacia Popular。民衆薬局?旧市街はほぼポルトガル語の名前が残っています。

街でポルトガル語を聞く事は無いですが、政府の決まりでしょうか?看板にはポルトガル語が併記されていましたし、道路の名前は全部ポルトガル語です。

f:id:nortebell:20170111002746j:plain

聖ドミニコ教会

セナド広場を奥に進んだところにあるファサード(建物の正面)が美しい教会。

1587年にドミニコ修道会が建てた教会です。かつては木造だった為、板樟堂(板張りの廟)と呼ばれていたそうです。併設されている宗教美術館の天井で、その名残を見る事が出来ます。

現在の建物は1826-1828年に再建されたと言われています。

f:id:nortebell:20170111003206j:plain

教会なのですが、記念撮影している人がたくさんいました。

祈っている人は見かけなかったので、観光地的な意味合いが強いのかも。

f:id:nortebell:20170111003208j:plain

バラの聖母が祀られている祭壇。

f:id:nortebell:20170111003211j:plain

ろうそくにメッセージ。

f:id:nortebell:20170111003216j:plain

マリア像。

f:id:nortebell:20170111003218j:plain

軽食と街中の風景

聖ポール天主堂跡方面に向かって歩いていきます。

横浜中華街にありそうな店で軽食です。マカオ名物のひとつ、チャーシューバーガーを頂きます。

f:id:nortebell:20170111003901j:plain

外はカリッと、中はしっとりのパン。チャーシューはちょっと食べにくい骨付でした。 日本ではありえなそう。

f:id:nortebell:20170111003909j:plain

道沿いにBBQの乾燥肉の店がたくさん並んでいました。やたら試食を勧めていました。甘目のお肉は日本人にも合う味。でも、そんなにたくさんは食べられないか。

f:id:nortebell:20170112000456j:plain

土産物のお菓子屋さんも結構ありました。ここの袋を持った人がそこら中にあるいていました。店内にはマカオのお菓子、日本風のお菓子など。

f:id:nortebell:20170112005736j:plain

聖ポール天主堂跡が見えてきました。すごい人混みです。

f:id:nortebell:20170112000459j:plain

聖ポール天主堂跡

マカオのシンボルとも言える世界遺産の教会です。

日本の戦国時代1582年-1602年にイエズス会によって建てられた教会です。一時期はアジア最大の教会で、日本でキリスト教が禁教になった後に日本人が渡ってきたりもしたそうです。その後影響力が低下し、19世紀に火災でファサード以外は焼失しました。

f:id:nortebell:20170112000453j:plain

f:id:nortebell:20170112000447j:plain

横の方からの風景。きれいに整備されています。

f:id:nortebell:20170112000502j:plain

地下聖堂と納骨堂も公開されています。殉教者の遺骨と宗教美術品などが収められています。

f:id:nortebell:20170112000505j:plain

ファサードの後ろからの風景です。途中まで登れる階段は閉鎖されていました。

f:id:nortebell:20170112000507j:plain

モンテの砦

聖ポール天主堂跡の右手の小高い丘の上にある、17世紀前半にイエズス会によって建てられた要塞です。実際に都市の防御に使われたこともあるそうです。

今はマカオ博物館が要塞の真ん中にあります。

要塞の周りを大砲が囲んでいます。中国人が写真を撮っていました。

f:id:nortebell:20170112003238j:plain

たまたまでしょうか、ホテルグランドリスボアの方面に大砲が向いていました。

f:id:nortebell:20170112003241j:plain

f:id:nortebell:20170112003244j:plain

マカオの市街です。

f:id:nortebell:20170112003247j:plain

要塞の中には小さな展示室もあります。カリブでこの時代にスペインが作った要塞に何度か行っていますが、ポルトガルも同じスタイルです。 

こちらはキューバでスペインが作った要塞。

jorgito.hatenablog.com

f:id:nortebell:20170112003251j:plain

ポルトガル料理のレストラン エスカーダ - Escada - 

一旦セナド広場方面に戻り、大堂、カテドラルなどを見学しつつ、ポルトガル料理のレストラン エスカーダに向かいました

f:id:nortebell:20170112010418j:plain

2時過ぎの訪問。店は満席のようでしたが、ちょうど空いたようで、すぐに席に案内されました。店内は3階まであって、席は結構あるようです。

店内はほぼ観光客で、日本人がかなり多いです。ガイドブック等で紹介されている為でしょうか。

内装はきれいなのですが、残念ながら掃除がされておらず汚いところが目立ちます。

日本語メニューに日本語写真付きメニューもあります。値段はかなり高めです。

f:id:nortebell:20170112010422j:plain

f:id:nortebell:20170112010425j:plain

たらのすり身のコロッケ

f:id:nortebell:20170112010412j:plain

前菜に注文しました。ポルトガル料理の定番、干し鱈のコロッケです。さくっとして、美味しかったです。

アフリカン・チキン

f:id:nortebell:20170112010409j:plain

マカオ独自に発展したポルトガル料理として有名な料理、アフリカン・チキンです。マカオでは是非食べたいと思っていました。

以下のリンクに詳しい歴史などの説明があります。

Sense Macau | 大航海時代の歴史が染込んだアフリカン・チキン

店によって調理方法、味などが違うそうで、基本的にはスパイスを多用したちょっと辛いチキン。エスカーダはココナッツミルク多めで甘目の味付けです。

骨つきぶつ切りの鶏肉にココナッツミルク、トマト、スパイスなどのソースが大量にかかっていて、ポテトが添えられています。飾りに黒オリーブ。

一人前とは思えないようなかなりの量です。

期待していてたのですが、どこかで食べたような既製品の調味料っぽい味が感じられ、味も単調だったので、最初はおいしかったのですが、飽きてしまいました。

ファミレスで食べている感じ、といったら良いでしょうか。量も多すぎて二人でも残してしまいました。

アサリと豚肉の煮込み

f:id:nortebell:20170112010415j:plain

豚肉とあさりのアレンテージョですね。

世界のレシピ ポルトガルの名物料理 豚とアサリのアレンテージョ風 | 世界食べ尽くしの旅 Españoleando

ポルトガル南部のアレンテージョ地方の料理で、あさり、豚肉、ポテトが炒め合わせられています。あさりと豚肉のコンビネーションとそこから出た出汁をポテトが吸ったの味わう料理です。

食材はアフリカンチキンとまったく違うのになぜか同じような味がします。

こちらもファミレス、って感じのジャンクな味です。この味、なんでしょうかね。同じ調味料でしょうか。せっかくのあさりなのに残念でした。

こちらも量がかなり多く残してしまいました。

全体的にサービスもかなり適当で、料理はなかなか出てこず、お会計をお願いしてもかなり時間がかかりました。

典型的な残念な観光地のレストランって感じでした。

ランチに時間が掛かった為、ラッシュで残りの世界遺産を廻りました。

マカオの下町の風景。干した魚が中華っぽいです。

f:id:nortebell:20170116222546j:plain

ナーチャ廟

f:id:nortebell:20170116222549j:plain

聖ポール天主堂の裏手にあります。西遊記にも出てくる神童ナーチャを祀った廟です。疫病退治の神様。併設ですぐ隣に小さな博物館もあります。

ナーチャ廟の左側は旧城壁。こちらも世界遺産です。

マカオのアパート。

f:id:nortebell:20170116222551j:plain

聖アントニオ教会

f:id:nortebell:20170116222556j:plain

聖ポール天主堂から北西方面に少し歩いたところの、マカオでも古い教会です。

ポルトガル人が結婚式を挙げていたことから花王堂と呼ばれています。

残念ながら年末年始でしまっていました。

歩いている途中でスーパーに寄りました。日本、中国、イギリスなどのものが満遍なく揃っていました。

f:id:nortebell:20170116222600j:plain

道端のサインです。

Patio da Eterna Felicidade、永福園、永遠の幸福の庭。

f:id:nortebell:20170116222603j:plain

民政総署

f:id:nortebell:20170118012406j:plain

セナド広場の道路を挟んで向かいにある政府の機関です。

1Fギャラリーになっており、中国の写真家の展覧会をやっていました。2Fは図書館。

中にトイレもありますので、トイレに困った時に便利です。

f:id:nortebell:20170118012412j:plain

2Fへ続く道の左右はポルトガル風のタイル、アズレージョになっていました。

f:id:nortebell:20170118012414j:plain

パティオの様子。

f:id:nortebell:20170118012423j:plain

少し歩いて、セナド広場の南側の世界遺産に向かいました。

途中に深夜食堂が。普通の日本料理のレストランのようです。

f:id:nortebell:20170116222611j:plain

おしゃれなマンション。ちょっと古めです。

f:id:nortebell:20170116222614j:plain

聖ヨセフ修道院聖堂

f:id:nortebell:20170116222617j:plain

オーガスティン広場に面して世界遺産がいくつかあります。

ロバート・ホー・トン図書館の横の聖ヨセフ修道院聖堂。残念ながら閉まっていました。聖フランシスコ・ザビエルの遺骨があるそうです。

オーガスティン広場付近のビル。

f:id:nortebell:20170116222621j:plain

オーガスティン教会

f:id:nortebell:20170116222627j:plain

マカオで有名な宗教行事、イースターバッソス聖体行列で有名な教会。こちらも閉まっていました。

ドンペドロ5世劇場

f:id:nortebell:20170116222630j:plain

19世紀中頃に建設された劇場。中国で最も古い洋式の劇場だそうです。今はオペラ劇場として使用されているそうです。

f:id:nortebell:20170116222624j:plain

こちらは21時までやっているんので、館内が見学出来ました。豪華だけど小さな室内。コロニアル風の内部です。

聖ローレンス教会

f:id:nortebell:20170116222634j:plain

マカオでも豪華なネオクラシカル形式の教会。創建当時は木造だったものの、1803年に現在の石造建築に建て替えられたとのことです。

f:id:nortebell:20170116222636j:plain

シンプルだけど調和がとれた内装。なかなか教会内部で漢字を見ることは少ないです。

f:id:nortebell:20170116222642j:plain

f:id:nortebell:20170116222645j:plain

道端の建物の姿。

f:id:nortebell:20170116222647j:plain

港務局大樓

f:id:nortebell:20170116222650j:plain

イスラム風建築らしいのですが、なんとなくわかるかなって感じ。

道端の風景。オウム?を飼ってるんですね。

f:id:nortebell:20170116222653j:plain

歩いていて気になったので。

f:id:nortebell:20170116222656j:plain

媽閣廟

f:id:nortebell:20170116222742j:plain

f:id:nortebell:20170116222658j:plain

「まっこうみゅう」と読みます。マカオの名前のルーツだそうです。河沿いのバラ広場の一角にあります。

18時に閉まる直前に着きましたが、ぎりぎり入れました。

f:id:nortebell:20170116222703j:plain

マカオ最古で、航海の女神、阿媽(アマ)を祀った中国の寺院。

f:id:nortebell:20170116222706j:plain

岩山の地形をそのまま利用しています。

f:id:nortebell:20170116222710j:plain

f:id:nortebell:20170116222713j:plain

ライトアップがきれいです。

f:id:nortebell:20170116222716j:plain

日本の神社にも通じるところがあります。

f:id:nortebell:20170116222719j:plain

この円錐形のものはお香です。端から少しづつ燃えていきます。

f:id:nortebell:20170116222723j:plain

世界遺産観光もこれで終わりです。バラ広場から河沿いの道を右へ曲がったところすぐのお洒落なカフェSignumで一休みにしました。

Home | SIGNUM

雑貨屋さんですが、3Fにテラスがあり河辺の風景でドリンクを楽しめます。フリーの無線LANもありました。

f:id:nortebell:20170116222727j:plain

室内も凝ったデコレーションです。落ち着いた時間が過ごせました。

f:id:nortebell:20170116222730j:plain

ディナーは近くのポルトガル料理 アロルシャ 船屋餐廳にしました。人気店で行列が出来ていたので、9時に予約して、一旦、近所を散歩することにしました。

マカオは夕食の時間です。近所の魚屋、肉屋さんなどで夕食を買っている人が目立ちました。

この店ではダックの丸焼きを売っていました。

f:id:nortebell:20170116222735j:plain

ポルトガル料理 アロルシャ 船屋餐廳 - A Lorcha - 

f:id:nortebell:20170116222738j:plain

予約が取れない人気店とのことですが、8時過ぎに行ったところ、9時に予約が取れました。その後も入ってくる客は少なかったので、9時過ぎなら予約なしでも入れるのでは、と思いました。

"A Lorcha" Macau Portuguese Restaurant - 澳門船屋葡國餐廳 :: Home

席に案内され、ドリンクと前菜、マカオ名物の蟹カレー、ポルトガルスタイルのシーフードライスを注文しました。

タコのサラダ

f:id:nortebell:20170116222745j:plain

タコパクチーと酸味の調和が絶妙です。量は二人だとちょっと多いかも知れません。パンとワインによくあいます。

ポルトガル風シーフードリゾット Arroz de Mariscos a la Portuguesa

f:id:nortebell:20170116222752j:plain

次は周りの人が食べていて気になって注文したポルトガル風シーフードリゾットです。土鍋で出てきました。蟹、海老、ムール貝、イカなどシーフードたっぷりです。

シーフードの味が調和した優しい味とパクチーがよくあって食が進みます。かなりの量なので、これで十分って感じですが、蟹カレーに備えて、少し残しました。

蟹カレーを待ちますが、全然来ません。

10分待って、聞いてみたら、なんと売り切れとのことです。なんだそりゃ、って感じです。

他の料理を勧められますが、もう少しでお腹いっぱいなので、シーフードリゾットを完食して終わりにしました。

料理は美味しいので、他も食べたかったのですが、非常に残念でした。もうちょっと早く言って欲しかったです。

ホテルに戻りGalaxy Macauのカジノで少しだけ遊んで次の日に備えました。

マカオ ノスタルジック紀行 (アジアの街トラベルガイド)

マカオ ノスタルジック紀行 (アジアの街トラベルガイド)

 

大井町の豚骨ラーメン 蕾(つぼみ)

大井町駅中央口、バスターミナル、イトーヨーカドーの方面の出口を出て歩いて5分、とありますが、実際はもう少しあるかな?ちょっと歩いたところにあるラーメン屋さんです。

f:id:nortebell:20170116215707j:plain

ちょっと寂しい通りに面しています。

立て看板にはニンニク入れましょう、限定ラーメンとあり、野菜、にんにく、油の量を選べるようで、まるで横浜家系ラーメンの様です。他にも味噌、塩、まぜそばと色々とあるようです。

f:id:nortebell:20170116215701j:plain

券売機でも限定ラーメン押しですが、今回は蕾のBestとのサインがある、ラーメン・豚めし890円をチョイスしました。

f:id:nortebell:20170116215710j:plain

店内は半分ほどの客入りでした。地元のお客さんが多そうですね。カウンター席のみで店主一人で対応していました。

着席して食券を出しますが、お好み等は聞かれませんでした。

途中で女子学生っぽい方が入ってきて、色々と注文して、立ち去っていたので、出前でもやっているんでしょうか?地域に密着していますね。

10分くらいでラーメン到着しました。

f:id:nortebell:20170116215713j:plain

海苔2枚にチャーシュー。かなりシンプルです。

f:id:nortebell:20170116215716j:plain

こちらが豚めし。こちらはチャーシューの細切れとネギまみれです。

ラーメンのスープは家系に近い味ですが、それほど濃くなく、しょっぱさも無く、わりとあっさりしていますが、味がしっかりしていて飽きません。食べやすい味。チャーシューもふわっと仕上がって美味しいです。

麺は平打ち麺。ここが家系と違うところですね。この麺ががあっさりスープにぴったりと合い、色が進みます。スタミナ系ではないけども何度でも食べたい味です。

テーブルにはにんにく、豆板醤、こしょうなどのトッピング。味を変えて食べ進めていきます。

そして、豚めし。いつもはご飯をスープに浸して食べることを期待して、ライスを頼むのですが、豚めしは料理として、そして、ラーメンのお供として完璧に成り立っていました。

ラーメンが乗ったライスを食べている感じ。この組み合わせだけで高得点です。

店主の接客も心地よく、何度でもリピートしたい店だと思いました。 

豚骨醤油 蕾ラーメン / 大井町駅下神明駅西大井駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

香港・マカオ4泊5日旅行 その1 香港空港からフェリーでマカオへ、カジノホテル散策

年始に4泊5日で香港とマカオに行ってきました。

香港は2年前にネパールへ行った時に経由地だったので、1日過ごし観光しましたが、色々と楽しかったので、もう少し時間を過ごしたいとの思いが残り、再訪です。 

jorgito.hatenablog.com

20年ほど前にも香港・マカオへは行った事がありました。香港がイギリスから(1997年)、マカオがポルトガル(1999年)から中国に返還され特別行政区になる直前でした。さすがに20年経つと色々と変わっているでしょうか。

今回は貯まっていたANAのマイルを使って行きました。1人あたり羽田-香港往復のエコノミーで20000マイル(ローシーズン+ハイシーズン)とかなりお得でした。

旅行は2泊マカオ、2泊香港の予定です。

久々のANAの国際線ですが、機内のエンターテイメントの機器のレベルが高く、退屈しなかったのですが、機内食がイマイチでした。味が無くて、妙に暖かいチラシ寿司、一昔前のような蕎麦の小鉢など。。。

香港空港からフェリーでマカオへ

香港空港から直接マカオへフェリーで行けるとの事でトライしてみました。

香港空港のイミグレーションを通る事なく、日本でチェックインした荷物もフェリーのスタッフがピックアップして、フェリーに載せてマカオに運んでくれて、マカオで受け取れるとの事でかなり便利なサービスです。

kitagawa.ws

フェリーのチケットも事前にネットで購入しました。Cotai Water Jetの通常クラスで片道HK$254(3,400円程)。マカオでもフェリーターミナルは2つありますが、こちらはメインのマカオターミナルでは無く、近年に開発されたカジノ付きのリゾートホテルが多いタイパターミナル行きです。今回泊まるホテルに近くちょうど良いです。

香港空港から直接マカオ行きフェリーに時は、荷物をチェックインしている場合はフェリーの出発の時間の1時間前までに、チェックイン荷物が無い場合は30分前までにフェリーカウンターへ、がルールです。

フライトの着く時間からフェリー出発まで1時間20分あったので、大丈夫かなと思いチケットを買いました。

なお、フェリー会社は2つ。Cotai Water JetとTurbojet。値段は一緒なので、時間によって選べば良いのでは、と思います。

www.cotaiwaterjet.com

Turbojetは日本語のページもあります。

www.turbojet.com.hk

日本からのフライトは5分遅れで到着。ドアを出るまで15分。また、到着したゲートからフェリーまでが遠く、フェリーのカウンターには予約したフェリーの50分前に到着。

どうかなと思っていましたが、間に合わず、もう無理、との事で、次のフェリーに変えてもらいました。

フェリーの数が元々少なく、残念ながら空港内で2時間待ちになりました。

なお、フェリーのチケットは香港空港のフェリーカウンターでも簡単に購入出来ますし、フェリーは空いていました。

今回はウェブで購入していたとの事で、ちょっと良い事がありました。チケットを交換した際に席をアップグレードしてもらえました。

香港空港で行動できる範囲には薬局、コンビニにレストランが2軒。その中の中華のお店でランチにしました。

f:id:nortebell:20170108011517j:plainSpicy Mixian w/Shrimp Wonton

f:id:nortebell:20170108011525j:plain

ちょっとしか写っていませんが、小さな器に入ってくるちょっと辛い高菜の様な発酵調味料をスープに入れて食べます。この調味料を入れないと味が無いのですが、適度に混ぜて食べるとちょうど良い辛さで、食がすすみます。海老ワンタンもプリッとして美味しいです。

 Congee w/Shrimp, Fish, BBQ Pork - Fried Noodles - Chinese Tea

f:id:nortebell:20170108011534j:plain

もう一つのオススメのコンビネーション。お粥と焼きそばを合わせるのはよくわかりません。お粥は中に色々な具が入っていて、優しい味です。

フリーのWifiがあったので、色々と調べつつフェリーの時間を待ちます。

そうこうしている内にフェリーの時間になりました。フェリーは2階がファーストクラスです。

f:id:nortebell:20170108011538j:plain

ファーストクラスは軽食と飲み物のサービスがあります。

f:id:nortebell:20170108011541j:plain

マカオのタイパターミナルまでは65分です。

船内もWifiが使えました。なお、香港マカオではほとんどの乗り物、公共の場所でフリーのWifiがありました。

f:id:nortebell:20170108011544j:plain

入国審査はすぐに終わりました。ターミナルを出ると各ホテルへの無料の巡回バスが並んでいます。

f:id:nortebell:20170108015314j:plain

かなりの間隔でバスが出ているらしく、すぐに出発。

f:id:nortebell:20170108015316j:plain

ホテル Broadway Macau

泊まったのはHotels.comで予約したBroadway Macau。

www.broadwaymacau.com.mo

有数のカジノリゾートGalaxy Macauのすぐ横にある小さめのホテルです。Galaxy Macauのグループだそうです。

チェックインは2Fのフロントで。ちょっと待たせられました。

f:id:nortebell:20170108015324j:plain

外見は他に比べると豪華ではありませんが、とはいえ、室内はかなり良い感じです。

f:id:nortebell:20170108015319j:plain

f:id:nortebell:20170108015321j:plain

Broadway Macauには観光客向けに飲食店、屋台街があります。結構賑わっていました。

f:id:nortebell:20170108015326j:plain

なんと金魚すくいがありました。

f:id:nortebell:20170108214327j:plain

カジノホテル散策

Broadway MacauからGalaxy Macau経由でThe Venetianへ向かいます。ブランド中心のショッピングモールがひたすら続きます。

f:id:nortebell:20170108214330j:plain

Galaxy Macauの玄関はかなり豪華。

f:id:nortebell:20170108214333j:plain

Galaxy Macauはかなり大きな建物がゴールドに光っていて、凄い、の一言。

f:id:nortebell:20170108214337j:plain

少し外の道を通り、ベニス風テーマのThe Venetianへ。ホテル同士が繋がってくれているといいのですが。

一応巡回バス、タクシー等ありますが、あまりに行列が長くて並ぶ気が起きませんでした。

The Venetianも内部にはショッピングモールが並びます。こちらはベニス風に中に運河があり、観光用ゴンドラがあります。こちらはもう少しお手頃な店が並びます。

The Venetianからまた少し外を歩いて、The Parisianへ。びっくりするほど豪華なエントランスホールです。 噴水に中世の教会の様な天井絵(風)。

f:id:nortebell:20170108215440j:plain

外にはエッフェル塔(のレプリカ)があります。

f:id:nortebell:20170108215446j:plain

ライトアップが綺麗です。

f:id:nortebell:20170108215547j:plain

かなり時間がかかりましたが、歩いてホテルに戻りました。

梓記牛什でディナー

Broadway Macauの飲食店街でディナーにします。牛内蔵の煮込みで70年続いている名店が出した店、梓記牛什です。

www.broadwaymacau.com.mo

f:id:nortebell:20170108215449j:plain

こちらは調理場の風景。大きな寸胴鍋で牛の内蔵を煮込んでいます。

f:id:nortebell:20170108215555j:plain

こちらがメニュー。 メインは牛の内蔵の煮込み、Beef Offalsです。

f:id:nortebell:20170108215537j:plain

色々とバラエティーがありましたが、Beef Offals with Turnip、牛内蔵とカブの煮込みにしました。

マスタードとチリソースが一緒に出てきました。

f:id:nortebell:20170108215553j:plain

色々な牛の内臓の部位とカブが入っています。牛のスープでじっくり煮込まれたモツとほっくりとしたカブが最高です。上品な洋風おでんのような印象。

チリソースをモツに漬けるとさらに味が際立ちます。これは絶品です。

f:id:nortebell:20170108215541j:plain

もう一品はNoodle in Soup with Beef Tendon and Brisket。牛の筋肉と肩バラ肉の牛スープ麺。

f:id:nortebell:20170108215550j:plain

柔らかく煮込まれた牛肉。

f:id:nortebell:20170108215544j:plain

 

ディナーの後は世界最大級のカジノGalaxy Macauで少し遊びました。マカオのカジノはほとんどバカラですね。なかなか慣れません。

マシンで少し時間を過ごしで退散しました。