読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

神戸旅行2日目 神戸三宮のお好み焼き美作で神戸名物すじ焼きとそばめし

レポート遅くなりましたが、2017年GWの姫路・神戸旅行の食べ歩きレポートの続きです。

初日には東京から新幹線で姫路城へ行って、ディナーに人気のあなご飯を食べ、神戸に向かいました。

jorgito.hatenablog.com

2日目は午前中は北野観光でランチは洋食の行列店グリル一平で牛カツとエビフライ。

jorgito.hatenablog.com

そのあとは地下鉄で新神戸駅に向かい、ロープウェイで布引ハーブ園に行きました。

www.kobeherb.com

広い敷地に様々なハーブが綺麗に植えられています。家族連れにもカップルにも楽しめるような展示、体験物が色々あり、オススメの場所です。

f:id:nortebell:20170521124153j:plain

ハーブ園のあとは日本三大夜景の一つ摩耶山の夜景に行きました。

まやビューライン - 六甲・まや空中散歩

新神戸からタクシーで摩耶ケーブルカー駅に向かい、ロープウェイに乗り継ぎます。ちなみにタクシーは1000円以下でした。

ロープウェイは神戸の夜景が綺麗にみえて絶景でした。

GWなのでこちらもすごく混んでおり、下山するロープウェイにかなり並びました。遅めの時間に登ってきている人もいましたが、空いているようだったので、遅めの時間が良いのかも。

f:id:nortebell:20170521124155j:plain

ケーブルカー乗り場の前からバスに乗って三宮駅前へ。

神戸名物のすじ焼きとそばめしを食べたいと思い、食べログで見つけたのがお好み焼き美作

三宮駅から繁華街の方へ大通りを少し上って行ったところにあります。

f:id:nortebell:20170521122814j:plain

こちらは外に出ていたメニューです。

f:id:nortebell:20170521122816j:plain

カウンターのみの店内。ちょうど2席空いていました。観光客と地元の常連、半々くらいでしょうか。

お好み焼き、そば焼き、うどん焼きがメインです。鉄板焼きのおつまみも色々とあります。

f:id:nortebell:20170521122818j:plain

■すじ焼き 900円

f:id:nortebell:20170521122826j:plain

定番のすじ焼きにします。若手の職人が前で作ってくれます。

f:id:nortebell:20170521122828j:plain

ソースは甘いのと辛いのの2種類。トッピングは鰹節と青のりもあります。

f:id:nortebell:20170521122830j:plain

牛すじの甘みとキャベツの甘みが調和して中は柔らかく、外はサクッと焼かれた生地にぴったりです。とろとろに煮込まれた牛すじはかなり豊富に入っていて、満足感ある一品。

f:id:nortebell:20170521122832j:plain

■そばめし 1,100円

f:id:nortebell:20170521122840j:plain

f:id:nortebell:20170521122834j:plain

神戸名物のそばめし。初めて食べます。1100円とはちょっと高いですね。具は豚肉にしました。

f:id:nortebell:20170521122836j:plain

焼きそば、ご飯、キャベツ、豚肉のお好み焼き風炒めもの?普通に美味しいですね。

■すじうすネギ焼き 950円

f:id:nortebell:20170521122838j:plain

他の方が食べていて、オススメだというので注文しました。今度は店主らしきベテランの方が調理してくれました。テキパキとしていて見ているだけで、楽しいです。

f:id:nortebell:20170521122842j:plain

カリカリに焼かれた薄い生地にネギと牛すじ煮込みの甘み。ちょうど良い甘みと辛味が感じられます。ビールによく合う感じ。

今日食べた中では一番でした。これだけを食べにまた来たいです。

f:id:nortebell:20170521122844j:plain

忙しい大通りに面していますが、店の中に入ると、昔ながらの落ち着く店内で、接客もよく、完璧な神戸の食事になりました。

 

美作 神戸北野店お好み焼き / 三宮駅(神戸市営)神戸三宮駅(阪急)三ノ宮駅(JR)
夜総合点★★★☆☆ 3.7

 

ことりっぷ 神戸

ことりっぷ 神戸

 
まっぷる 兵庫 姫路城・神戸 但馬・淡路島 '18 (まっぷるマガジン)

まっぷる 兵庫 姫路城・神戸 但馬・淡路島 '18 (まっぷるマガジン)

 

 

神戸三宮のグリル一平で神戸名物のビフカツと絶品の天然有頭エビフライ

GW中の神戸旅行。神戸の名物は何かなと思い、色々とチェックしましたが、他の都市に比べて名物が少ない感じ。

その中で見つけたのが、洋食屋のビフカツ。ちょっと前にレアなビフカツが東京でも流行っていましたが、かなり前から神戸ではスタンダードなメニューだったそうです。そういえば、ちょと前のケンミンSHOWでもやっていました。

洋食屋さんの名店はたくさんある中、その日は北野観光をしていたので、わりと近めの三宮駅近くのグリル一平三ノ宮店に行きました。駅から歩いてすぐのところにあります。

f:id:nortebell:20170515004036j:plain

GWの昼過ぎでしたが、10人程待っている人がいました。

こちらは外に出ていたメニュー。

f:id:nortebell:20170515004037j:plain

店が大きいので、あまり待たずに案内されました。15分程度でしょうか。

明るくて、席間のスペースも十分にとってある店内です。

こちらはメニュー。洋食メニューが網羅されています。

揚げ物のセットメニューがあるいいなと思って探してみましたが、休日はランチのセットメニューは無しで、ちょっと高めのセットメニュー(Aセット3,300円、Bセット2,800円Cセット1,900円)があるだけの様子。量も多そうなので、二人で普通のメニューを二つ頼みました。

f:id:nortebell:20170515004042j:plain

f:id:nortebell:20170515004044j:plain

f:id:nortebell:20170515004045j:plain

■有頭エビフライ(ライス付き) 2,000円

f:id:nortebell:20170515004049j:plain

連れはエビフライにしました。メニューには普通のと有頭エビがあり、ちょっと高めでしたが、天然有頭エビフライにしました。

かなり大きなエビフライが2尾。タルタルソースがたっぷりとかかってます。

きれいに仕事がされていて、完璧な形。見ているだけで美味しそう。

ナイフで切ると、身がたっぷり。そして、濃すぎない味のタルタルソース。

大きなエビだと味が淡白なことも多いですが、まったくそんなことはなく、濃厚なエビの味。

最高のエビフライでした。頭の味噌も美味しい。

■ヘレビーフカツ 130g (ライス付き) 2,100円

f:id:nortebell:20170515004052j:plain

看板メニュー?のビーフカツ。こちらもそれなりの値段です。

デミグラスソースがたっぷりとかかったビーフカツ。きれいなレアに揚がっています。

ソースが満遍なく衣に染み込んでいて、しっとりとした感じ。

上品な牛肉の味と薄めな味付けのデミグラスソースがよく調和しています。

普通に美味しいですが、洋食にしてはちょっとパンチにかける感じでしょうか。130gもちょっと少ないかな、って感じはありました。

f:id:nortebell:20170515004055j:plain

大きい店だけあってスタッフがかなり多く、洗練されたサービスもよかったです。

気になったのは料理を持ってきてから、これで注文がお揃いですので、伝票を置かせていただきます、と言っていたところ。大抵はこれで注文はお揃いですか?って聞いて くるので、違和感がありました。何か理由があるんでしょうか。

洋食としてはそれなりに高いですが、満足な昼食になりました。おすすめのお店です。

グリル一平 三宮店洋食 / 三ノ宮駅(JR)三宮駅(神戸新交通)神戸三宮駅(阪神)
昼総合点★★★☆☆ 3.9

[rakuten:book:18334004:detail]

[rakuten:morigen:10000299:detail]

姫路駅近くの商店街の炭焼あなごの店 やま義

GW2017の神戸・姫路観光。東京から新幹線で姫路へ向かい、そのまま姫路城観光。天守閣への登る行列が長く、疲れてしまいました。

帰りに駅前の商店街で地元の食材あなごの料理を食べに行きました。

f:id:nortebell:20170515000331j:plain

f:id:nortebell:20170515000049j:plain

食べログで探して行ったのは、駅前の商店街の炭焼きあなご やま義。実は姫路城に行く前にランチに行こうとしたのですが、行列が長くて断念していました。

7時前に行ってみると、並んでいる人は数組だけでした。

f:id:nortebell:20170515000022j:plain店のすぐ横には穴子神社。あなごめしとあなご寿司はテイクアウトもあるそうです。ただ、同じ行列に並んで注文するようです。

f:id:nortebell:20170515000024j:plainこちらが外に出ていたメニュー。

あなごめしに、やま義定食、うな丼など。

佃煮の生産が追いつかないとのことで、あなごわっぱ、やま義定食(特上)は売り切れとのこと。

待っているうちにあなご丼と焼きあなごのセットのやま義定食もなくなり、あなごめしだけになりました。残念。

f:id:nortebell:20170515000026j:plain

外から、穴子にタレを浸けながら焼いていく様子が見えます。あなごは焼いて、タレを浸けながら炭火で焼いて、蒸してって感じでしょうか。

f:id:nortebell:20170515000033j:plain

f:id:nortebell:20170515000035j:plain

美味しそうな色に焼けていきます。

f:id:nortebell:20170515000041j:plain

30分ほど待って店内に案内されました。

ある程度、店内のお客さんが捌けてから、入れ替える感じなんですね。

メニューは数種類しかないので、出てくるのは早いようです。

店主はあなご焼くのに忙しそうでしたが、お客さんにも待たせてごめんなさいね、と話しかけていて、良い感じの雰囲気です。

f:id:nortebell:20170515000030j:plain

■あなごめし(上) 1,060円

f:id:nortebell:20170515000050j:plain

あなごめしはすぐに出てきました。

最初はそのまま食べて、次はわさびなどの薬味と。最後にはお吸い物をかけて、お茶漬け風にとのこと。お茶漬けはテンション上がりますね。

あなごはふわっとしているものの、身がしっかりしていて、歯ごたえがあるものの、口の中でとろける感じ。甘すぎないタレに炭火焼きの風味も良い感じ。

これは美味しいです。炊き込んだごはんにも穴子の味が付いていて、あなご三昧って感じ。

わさびと一緒に食べると一味変わってさらに美味しいです。

f:id:nortebell:20170515000052j:plain 

あなごは正直、ご飯の量に比べてかなり少ないです。これであなごが多いらしい上でしtた。

定食で焼き穴子がついているのもわかります。あなごをセーブしながら食べていきます。

あっと言うまに食べ進んで、半分くらい残ったところで、お吸い物を入れてお茶漬けににします。

ひつまぶしみたいな感じですが、予想通りの美味しさ。

人気になるのもわかる気がしました。

炭焼あなご やま義和食(その他) / 姫路駅山陽姫路駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

[rakuten:yonechou:10000005:detail]

[rakuten:anago-hiiragi:10000005:detail]

笠間の陶器市 2017年陶炎祭に行ってきました。

茨城県笠間市でGW中に開催される陶器市、陶炎祭(ひまつり)。今年で36年目とのことです。100軒以上の店が並ぶ大規模な陶器市です。

2年ぶりの来訪になりました。

f:id:nortebell:20170501230502j:plain

www.himatsuri.net陶炎祭

昨年は同時期に開催されている益子の陶器市に行ったので、今年は笠間にしました。 

jorgito.hatenablog.com

笠間の陶炎祭へのアクセス

ほとんどの方は車で来場されるようです。ただ、駐車場が少なく、店の人によると7時頃までに来場しないといけないとか。ちょっと離れた場所に別の駐車場もあり、シャトルバスが出ています。

東京からの公共機関はバスと電車があります。

バスだと秋葉原からもうひとつの陶器市が開催されている益子と笠間に行く関東やきものライナーがあります。チケットを取るのが少し大変かもしれません。

www.ibako.co.jp

電車の場合は品川から上野東京ライン常磐線を通って1時間20分程度で会場までシャトルバスが出ている友部まで行きます。

常磐線特急「ひたち」「ときわ」について:JR東日本

全席指定席なので注意です。GWは混んでいて、ぎりぎりで指定席が買えましたが、満席で、立っている人もいました。

ただ、電車で陶器市に行く人は多くないようで、友部からのシャトルバスは空いていました。

会場の様子

f:id:nortebell:20170501230431j:plain

会場は家族連れがかなり多いです。かなりスペースがある公園で、テントを広げている人も多いです。

f:id:nortebell:20170501230434j:plain会場では色々と食事の屋台も出ていました。

f:id:nortebell:20170501230441j:plain

昼頃に着いて、5時まで時間があったので、一通り廻ってから買い物をすることにしました。

f:id:nortebell:20170501230452j:plain

ドイツ風じゃがいものパンケーキのお店。

f:id:nortebell:20170501230528j:plain

 

f:id:nortebell:20170501230539j:plain

f:id:nortebell:20170501230550j:plain

今回購入した器

会場の紹介は一旦中断し、今回購入した器を紹介します。

糸賀陶房のシロクマの花瓶

大きめな花瓶をずっと探していたのですが、このほのぼのとした色遣いが気に入って購入しました。f:id:nortebell:20170501230642j:plain

f:id:nortebell:20170501230601j:plain

カップ、お皿等色々とあります。

f:id:nortebell:20170501230635j:plain

岡真理子さんの器

使い勝手の良さそうな形と落ち着きのある色合いが気に入りました。

岡真理子 陶芸家(笠間焼) | 和雑貨 わらいや | 日本の伝統工芸品や和の生活雑貨の通販店 | 1ページ目

岡真理子さんはいくつかの手法で作っているいるようですが、このスタイルが良いなと思いました。f:id:nortebell:20170501230644j:plain

お店の様子。

f:id:nortebell:20170501230629j:plain

竹原陶房(藤田光広)の長方形の皿

ちょっと大きめの長方形のお皿。焼き魚にちょうど良いかなと思い購入しました。

f:id:nortebell:20170501230647j:plain

最初は色々とありましたが、2度目に戻って来た時はずいぶんと減っていました。店の人曰く、主力のお皿とのこと。

f:id:nortebell:20170501230614j:plain

近藤文さんのカップ

高級感のある洋風のスープに合いそうなカップ。

近藤文さんの作品を買うのは2度目です。2年前は正方形のお皿を買いました。かなりのヘビロテで、気に入っていました。特に意識もしていなかったのですが、陶器市を廻っていて、気になり、同じ作家?と気がつきました。有名な作家さんのようです。

近藤 文

デザインも良いですが、持った感じ、重さ、大きさも良い感じ。

f:id:nortebell:20170501230649j:plain

こちらも同じく近藤文さんの作品。焼酎、日本酒を入れておいて、注いで飲むのにちょうど良さそうです。

f:id:nortebell:20170501230651j:plain

f:id:nortebell:20170501230620j:plain

秋山敏さんの酒器

焼酎を飲むのにちょうど良さそうなグラスです。さっそく使ってみましたが口当たりが良いです。

f:id:nortebell:20170501230645j:plain

f:id:nortebell:20170501230652j:plain

他にもビアグラスなど色々とありました。

f:id:nortebell:20170501230557j:plain

工房とぼその調味料入れ

シンプルですが、色合いが良く、スパイス、香味塩などを入れると良さそう。

f:id:nortebell:20170501230656j:plain

f:id:nortebell:20170501230500j:plain

佐藤りじゅうさんの小皿

中東風でトルコブルーの釉薬の色合いと裂け目の感じが気に入りました。和風にも洋風にも合いそうです。

第六回 佐藤りぢゅうさん - ゆたり

f:id:nortebell:20170501230658j:plain

f:id:nortebell:20170501230506j:plain

f:id:nortebell:20170501230606j:plain

河野カイさんのお皿

シンプルですが味のあるデザインです。つい2枚買ってしまいました。

河野 カイ – 河野陶房

f:id:nortebell:20170501230659j:plain

f:id:nortebell:20170501230522j:plain

古谷萌仁香さんのお皿

2種類シリーズがあったのですが、白い器のシリーズが気に入りました。

f:id:nortebell:20170501230706j:plain

f:id:nortebell:20170501230616j:plain

さっそく、使ってみました。たけのこ、パプリカ、豚肉の炒め物。器が料理を引きだたせています。

f:id:nortebell:20170501230714j:plain

会場の様子 その2

それ以外の会場の風景です。

お皿以外にも色々な作品がありました。

f:id:nortebell:20170501230446j:plain

こしかけくん。

f:id:nortebell:20170501230448j:plain

シンプルな器。

f:id:nortebell:20170501230454j:plain

f:id:nortebell:20170501230504j:plain

はにわ。

f:id:nortebell:20170501230509j:plain

 白と黒のシンプルな器。

f:id:nortebell:20170501230513j:plain

f:id:nortebell:20170501230515j:plain

前回買った店のお皿。カーブが良いです。

f:id:nortebell:20170501230516j:plain

f:id:nortebell:20170501230519j:plain

f:id:nortebell:20170501230521j:plain

なんか、面白いです。

f:id:nortebell:20170501230524j:plain

f:id:nortebell:20170501230526j:plain

ホットドッグの店に併設されていた店の作品。面白いです。 

f:id:nortebell:20170501230530j:plain

f:id:nortebell:20170501230533j:plain

おにぎりの器。

f:id:nortebell:20170501230537j:plain

レトロな感じが良いです。洋食にあいそう。 

f:id:nortebell:20170501230541j:plain カラフルな器。

f:id:nortebell:20170501230552j:plain

f:id:nortebell:20170501230604j:plain

今回も今後ずっと使っていけそうな作品を買うことが出来ました。色々と料理に合わせるのが楽しみです。

 

柳宗理のフライパン(ファイバーライン加工)を買いました

雑貨屋さんで見て、デザインが気にいり、ずっと欲しかった柳宗理のフライパンを買いました。

買って1ヶ月程経ちますが、ほぼ毎日使っていて、大満足な買い物でした。

普通のフライパンと比べて便利な点は以下の通り。

  • 普通のフライパンより深さがあり、ちょっとした揚げ焼きなど、幅広く使える。
  • 左右に注ぎ口があり、器にソース等を注ぐのに便利。
  • 一緒に購入出来るフタが角度によって、密閉したり、一部ずらしたり出来、蒸し焼きに、また、水分を調整したい時も便利。

f:id:nortebell:20170424001927j:plain

サイズは18cm、22cm、25cmとあります。購入したのは22cmです。

メインとしては、釜浅商店の大きめの鉄のフライパンを持っているので、サブとして使えるちょっと小さめのサイズにしました。

目安として、2人分の料理をする時に、副菜の炒め物を作ったり、お弁当のおかずを作ったりする時にちょうど良いサイズです。

25cmなら一般的なフライパンとして、18cmなら朝食用に 1人分のベーコンエッグを作ったりするのにちょうど良いくらいかと思います。

フタ付きで4000円弱と安くはないですが、鉄製でずっと使えるものなので、値段の価値はあると思います。

f:id:nortebell:20170424001919j:plain

材質は 普通の鉄フライパン、ファイバーライン加工、マグマプレートと3種類あります。

ファイバーライン加工とは

金属の表面に繊維状の凹凸を浮き立たせ、表面保護のための黒色酸化被膜、さらにその表面にはシリコン樹脂塗装を施した特殊加工を施すことで、焼き込み不要。
食材とランダムな点で接触し、油なじみも良いので焦げ付きやこびりつきを防ぐ

Amazon.co.jp

マグマプレートは説明を読んでもよくわからなかったのですが、より鉄分が摂取できる?加熱が早い?らしいです。

ファイバーライン加工はコーティングがあり、普通の鉄のフライパンと違い、最初に焼き込みをする必要がありません。

f:id:nortebell:20170424001925j:plain

 説明書が入っていました。

f:id:nortebell:20170424001930j:plain

f:id:nortebell:20170424001934j:plain

柳宗理のプロフィールの紙も入っていました。

20世紀の日本を代表するインダストリアルデザイナーの柳宗理

家庭で身近なのはキッチンウェア。フライパンだけでなく、やかん、カラトリー、グラスなど色々あります。柳宗理のキッチンウェアはデザインが良いだけでなく機能性にも優れており、それなりの値段がするので気軽には買えませんが、持っているパンチングストレーナーなど、キッチンで大活躍です。

f:id:nortebell:20170424001932j:plain

こちらは製品カタログ。

SORI YANAGI Support Site (柳宗理サポートサイト) | 製品カタログ

柳宗理についてはこちらの本が詳しいです。

CasaBRUTUS特別編集 新装版 柳宗理 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

CasaBRUTUS特別編集 新装版 柳宗理 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

 

ここからは使ってみての写真です。買って何度か使った後の様子。少し、色が変わっています。

f:id:nortebell:20170424001853j:plain

豆腐ハンバーグを作りました。
f:id:nortebell:20170424001858j:plain

ハンバーグなので蒸し焼きにするのに便利です。

f:id:nortebell:20170424001901j:plain

チーズを載せて、蓋をし、チーズを溶かすのにも便利。

左右に注ぎ口があるので、ソースもきれいに注げます。

f:id:nortebell:20170424001904j:plain

こちらはあさりの酒蒸し。

f:id:nortebell:20170424001907j:plain

ぴったりとあった蓋で蒸し焼きにもちょうど良いです。

f:id:nortebell:20170424001910j:plain

熱伝導力が良く、すぐに火が通りました。

f:id:nortebell:20170424001913j:plain

安い買い物ではありませんでしたが、ほぼ毎日使っており、大満足です。


 

鎌倉の老舗のカレー屋さん キャラウェイ

鎌倉小町通りから数分の所にある老舗のカレー屋さん。

なんと1948年からやっているそうです。いつも行列で、行きたくてもなかなか行けなかった店。

雨が降っていた土曜日の夜、閉店間際に行きました。

並んでいたのは2組のみ。19時半でラストオーダーで20時で閉店とのことでぎりぎり入れました。 

f:id:nortebell:20170423230812j:plain

料理のメニューはカレーとハヤシライスのみです。

f:id:nortebell:20170423230809j:plain

時間ぎりぎりだったので、並んでいるうちに注文を聞かれました。

2人でビーフカレーとチーズカレーにしました。食べログによるとご飯が非常に多いそうで、少食の連れは小ライスにしました。

待っていると5分ほどで中に案内されました。カレー屋さんなので、回転は早いですね。

f:id:nortebell:20170423230818j:plain

カレーは他にもエッグ、ポーク、チキン、ホタテも。ホタテの評判が良いようなので、次の機会に、と思いました。

こちらは薬味。カラフルできれいです。チャッツネ、福神漬け、たくあん?きゅうりの漬物?の4種。

f:id:nortebell:20170423230821j:plain

■カレーライス チーズ  760円

f:id:nortebell:20170423230824j:plain

ミニサラダ付きです。

f:id:nortebell:20170423230830j:plain

ご飯の量がやばいです。お茶碗3-4杯分らしいです。

f:id:nortebell:20170423230827j:plain

チーズがきれいに混じったカレールー。チキンカレーベースでしょうか。

スパイス感は控えめ、日本のカレーって感じ。チーズの混じり具合が絶妙でこってりとご飯によくあって、大量のご飯でも食べられてしまいそう、と思いました。

4種の薬味と食べ進めていくとこの量でも飽きない感じではあります。

味の調和が完璧でした。

さすがにご飯が多すぎて少し残してしまいました。

■カレーライス ビーフ 小ライス 730円

f:id:nortebell:20170423230832j:plain

こちらはビーフカレー。ビーフが形も止めていないほど煮込まれたカレーです。チーズカレーとは違う、上品な味です。よく出来た上品な欧風ビーフカレーの印象。

これで700円台。CPも良く完璧でした。

サービスも良くで、老舗の安定感があります。観光客だけでなく常連さんも結構来ているようですね。全体的に大満足でした。

キャラウェイカレーライス / 鎌倉駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

新丸子の昔ながらのとんかつ屋 ふく屋

武蔵小杉に用事があり、とんかつが食べたくて、検索して見つけた店。新丸子のふく屋です。

武蔵小杉から目黒線東横線で一駅。歩いて10分くらいの距離。あの孤独のグルメで有名な昼から飲める居酒屋、三ちゃん食堂の隣です。

f:id:nortebell:20170423220744j:plain

そばととんかつの店、って感じな店構えですが、夜は居酒屋メニューも多いようでわりとなんでもありの食堂のようです。

とんかつの定食は1800円と高めですが、昼のサービス定食は800円で、串カツ、ぎょうざ、さしみがありました。

f:id:nortebell:20170423220747j:plain

平日の2時過ぎに来店。先客はいませんでした。いかにも家族経営って感じで、大旦那が新聞を読みながらテレビを見ていました。

カウンターに座ります。

カウンターの中では2代目と思われる男性が大きな豚肉の塊を丁寧に切り分けていました。不要な部位を取り、切れ目を入れて、初めて見た器具で豚肉柔らかくしていきます。まさに職人芸って感じ。

注文は2人でロースかつ定食とヒレかつ定食にしました。

■ロースかつ定食 1,800円

f:id:nortebell:20170423220756j:plain

大きめのロースカツにきゃべつ、からし、レモン、トマト。ソースはゴマが入っていて甘めのタイプです。あとはお漬物、味噌汁とご飯。

f:id:nortebell:20170423220758j:plain

ちょうど良い具合に火が通っているのがわかります。

丁寧な仕事がされていて、美味しいとんかつでした。

豚肉の旨みがちょうど良い具合に感じられます。有名店の高級豚肉と比べると、普通、って感じはありましたが、しつこさもなく、これなら何度でも食べたい味です。

■ヒレかつ定食 1,800円

f:id:nortebell:20170423220750j:plain

こちらは連れが注文したヒレかつ定食。ヒレかつが2枚。

f:id:nortebell:20170423220753j:plain

こちらの方が油がきれいに落ちており、更にきれいに揚がっていました。ロースかつに比べるとかなりぱさぱさ感がありましたが、これはこれで美味しいです。ロースカツの方が好みではありました。

食べているうちに常連さんが何人か来店していましたが、店の方と良い雰囲気でした。

夜は居酒屋とのことですが、一度行ってみたいなと思いました。満足のランチになりました。

 

ふく屋とんかつ / 新丸子駅武蔵小杉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

 

以下、過去のとんかつ屋さんの記事です。

jorgito.hatenablog.com 

jorgito.hatenablog.com

jorgito.hatenablog.com

jorgito.hatenablog.com

jorgito.hatenablog.com

jorgito.hatenablog.com 

jorgito.hatenablog.com

jorgito.hatenablog.com