ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

【バイク旅行】鹿島から房総半島を海岸沿いに南下 -2日目-

春に購入した新しいバイクVespa GTS 300の長距離ツーリング2日目です。

jorgito.hatenablog.com

1日目は東京から霞ヶ浦へ行き、霞ヶ浦沿いの道を走って、土浦で一泊しました。2日目は土浦から東に向かい鹿島へ。鹿島から銚子、犬吠埼灯台に寄って、九十九里浜、そして御宿まで行きました。

目次

土浦からJRA美浦トレセン

f:id:nortebell:20180912223803j:plain

土浦のホテルを出てからひたすら、東へ、海へ、鹿島へ向かいました。途中の景色はほぼ田園です。そろそろ新米の収穫、って感じでした。

走っていると美浦の地名が。なんか聞いたことあるな、と思って走り続けると美浦の競馬JRAのトレーニングセンターの看板がありました。

全然知らなかったのですが、JRAの関東の調教拠点、美浦トレセン霞ヶ浦の近くにあったんですね。府中、中山の競馬場からもかなり遠いです。

f:id:nortebell:20180912223813j:plain

せっかくなので、バイクでちょっと寄って見ました。見学出来そうなところがあったのですが、空いているのは週末のみとのこと。

ほとんど関係者以外立ち入り禁止でしたが、少しだけバイクで走って見ました。馬運車など色々とありましたが、残念ながら馬は見られずでした。

f:id:nortebell:20180912223809j:plain

大杉神社

f:id:nortebell:20180912223816j:plain

そのまま東へ向かい、途中で通りかかった大杉神社に寄りました。

あんばさま総本宮「大杉神社」| 日本唯一の「夢叶え大明神」 | あんばさま総本宮「大杉神社」| 日本唯一の「夢叶え大明神」

なんか、色々とある豪華な神社。

f:id:nortebell:20180912225630j:plain

定番らしい。金と銀の小判を買って神社でお参り。お参り後はお財布に。

f:id:nortebell:20180912223820j:plain

美浦トレセンが近いだけあり、騎手の岡部幸雄さんの名前が。

f:id:nortebell:20180912223823j:plain

奥の方には勝馬神社がありました。競馬ファンもよく訪れているのかな。

鹿島

f:id:nortebell:20180912223826j:plain

大杉神社の後は引き続き東へ進みます。

鹿島市街で標識に従って行くと鹿島神宮に着きました。以前に行ったことあるので、今回はパス。

f:id:nortebell:20180912223830j:plain

鹿島の港の風景です。

f:id:nortebell:20180912223833j:plain

鹿島の工業地帯。昼間に行っても迫力がありますが、夜景はもっと凄いそうです。

f:id:nortebell:20180912223836j:plain

鹿島から海岸沿いに南下して銚子まで行きます。一時間ほどかかったでしょうか。

銚子で海鮮丼のランチ

銚子大橋を通ったら銚子市街です。

遅いランチの時間なので、海鮮のランチを目指して港の方へ行ったら、食堂が並んでいました。

f:id:nortebell:20180912223839j:plain

その中でも第一魚市場の中の食堂に行くことにしました。

銚子漁業協同組合の直営店の万祝(まいわい)。半セルフサービスのシンプルな食堂です。

f:id:nortebell:20180912223843j:plain

f:id:nortebell:20180912223849j:plain

海鮮丼、味噌汁、漬物のシンプルな御膳。

f:id:nortebell:20180912223846j:plain

一番人気だというまいわい丼(1690円)にしました。

10種類ほどの刺身がのっていましたが、メインはマグロ。銚子で水揚げされて隣の市場で売られたマグロでしょうか。さすがの美味しさ。

ランチのあとは銚子の街をしばし散策。

銚子は醤油のメーカーが多く蔵の見学もやっているようですが、時間が合わず断念。醤油だけ買って帰ることにしました。

犬吠埼灯台

f:id:nortebell:20180912223852j:plain

銚子の次は房総半島の東端、犬吠埼灯台へ行きました。

ここにバイクで来るのは二度目。

観光客で賑わっていました。バイクで来ている人もちらほら。

f:id:nortebell:20180912224001j:plain

灯台の上からの景色は最高です。

f:id:nortebell:20180912224006j:plain

晴れた真っ青の空に白い灯台が映えます。

f:id:nortebell:20180912223959j:plain

f:id:nortebell:20180912223953j:plain

灯台の資料館には昔の灯台のランプが展示されていました。ちょっとレトロな感じ。

f:id:nortebell:20180912223855j:plain

犬吠埼灯台をバックに愛車Vespa 300 GTS

九十九里浜を通り御宿へ

f:id:nortebell:20180912223858j:plain

犬吠埼灯台からひたすら海沿いに南下を続けます。途中の漁港での一枚。

九十九里浜に入ったあたりで天気が悪くなって来ました。いつ雨が降ってもおかしくなさそう。今日の宿は楽天トラベルで探し、御宿に泊まることにしました。

九十九里有料道路で先を急ぎます。天気は悪いものの、なんとか雨が降る前に御宿に到着。

f:id:nortebell:20180912223901j:plain

御宿は月の沙漠の同様で有名で、ビーチにはラクダに乗った王子と姫の銅像が。

月の沙漠博物館も近くにありましたが、すでに閉まっていました。

f:id:nortebell:20180912223905j:plain

御宿ビーチは静かですね。

f:id:nortebell:20180912223907j:plain

泊まったのは海のホテル。昔ながらの海沿いのホテルって感じです。

楽天トラベルの直前割でかなり安く泊まれました。

f:id:nortebell:20180912223911j:plain

部屋は予約した部屋が空いていなかったとのことでスイートにアップグレード。なんと二部屋分の広さに海に面したウッドデッキまでありました。

かね八寿司で地魚の寿司と伊勢海老

f:id:nortebell:20180912223914j:plain

ホテルの人にオススメの居酒屋かお寿司屋さんを聞いて、教えてもらった店です。

ホテルからはちょっと歩いて、駅に近い方にあります。御宿は夜はかなり静かで、道は真っ暗でした。

日曜日の夜だったせいか、先客は1組のみでしたが、他の店もあまり人が入っている様子はありませんでした。

f:id:nortebell:20180912223917j:plain

御宿と言えば伊勢海老、のようで、毎年9月から伊勢海老祭りが開かれますが、ちょっと早かったようです。伊勢海老漁自体は解禁されていて、伊勢海老の料理が並んでいました。

お酒は御宿の酒蔵 岩の井のお酒を頂きました。

f:id:nortebell:20180912223929j:plain

メニューにはお寿司だけでなく、お刺身、一品料理も並びます。

f:id:nortebell:20180912223926j:plain

伊勢海老の鬼がら焼きを注文したところ、入り口の横にある水槽から伊勢海老を採ってくれました。

f:id:nortebell:20180912223935j:plainはねまわってなかなか網で採るのが大変そう。

f:id:nortebell:20180912223932j:plain

小振りですが生き生きとした伊勢海老です。

■伊勢海老の鬼がら焼き 1900円

f:id:nortebell:20180912223938j:plain

焼いて伊勢海老の旨味が凝縮された身が絶品です。頭のミソも美味しい。

■握り寿司 地物 3300円

f:id:nortebell:20180912223942j:plain

f:id:nortebell:20180912223945j:plain

今日の地物寿しのネタです。

左上から、マダイ、カジキ、ヒラメエンガワ、イサキ、アオリ。

手前はイセエビ、カツオ、ムラアワビ。

小さめの伊勢海老を一匹使ったお寿司が贅沢です。

生の伊勢海老はぷりっとして最高。一口であっという間に終わってしまいましたが、この為だけにもう一度来たいと思わせます。

他のお寿司も何を食べても新鮮そのもので美味しいです。

f:id:nortebell:20180912223947j:plain

最後にお寿司に使った伊勢海老の頭を味噌汁にしてくれました。

先客もすぐに帰り、他のお客さんがおらず、ちょっと静かでしたが、店内の雰囲気は良い感じ。店員さんも慣れた感じの接客で心地よい空間です。

安くはないですが、伊勢海老、寿司もレベル高く、大満足です。

磯料理 かね八寿し寿司 / 御宿駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

房総半島のバイク旅行、明日は朝に土浦の朝市に行って、房総半島を周り、アクアラインで東京に帰ります。