ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

【バイク旅行】東京から霞ヶ浦、房総半島へバイク旅行 -1日目 霞ヶ浦へ-

春に新しいバイクVespa GTS 300を買ってから初めての長距離ツーリングに行ってきました。

目次

前回のツーリングは日帰りで奥多摩でした。 

jorgito.hatenablog.com

今回は2泊3日で東京から霞ヶ浦へ向かい、1泊した後、鹿島から房総半島を一周して、アクアラインで帰ってきました。

東京から霞ヶ浦

東京からは首都高を避けて、下の道で北に向かい三郷インター付近で常磐自動車道に乗る計画です。バイクにETCを搭載していないので、首都高は少し乗るだけでも定額料金で割高な気がします。

今まで、原付二種のバイクで高速道路に乗ることが出来ず、車に乗ることも無いので、関東の高速道路は全然知りません。iPhoneGoogle mapを見てなんとなく行けるかな、と思ったのですが、これが失敗でした。

朝10時頃に家を出て、下の道で北東に向かいます。結構道が混んでいて、なかなか進みません。

f:id:nortebell:20180909232107j:plain

途中でいきなりステーキそっくりの地方チェーン?あっそうだステーキでランチにしました。いきなりステーキって元祖で人気だけのことはあるなっていう経験になりました。

そのまま走り続け、三郷インターで高速に乗れるかな、と思ったら、高速の入り口はないんですね。初歩的なミス。

常磐道沿いに走り、次の料金所で入ろうとしますが、三郷料金所はなんとETC専用。ここでも入れません。次へ行こうとしますが、江戸川を通り越せる道は高速だけです。

30分以上かけて遠回りし、なんとか流山インターから常磐道へ。かなりのロスになりました。

高速を走って、途中の守谷SAのPasar守谷で一休み。かなり大きな、レストラン、土産物屋さんが揃ったサービスエリアです。

f:id:nortebell:20180909232252j:plain

常磐道を走り続け、土浦北インターで降ります。インターから40分程度で霞ヶ関大橋とそのすぐ近くにある、道の駅たまつくりに着きました。

霞ヶ浦の道の駅たまつくりと一周道路

f:id:nortebell:20180909232249j:plain

霞ヶ浦大橋のすぐ近くにある道の駅たまつくり。

www.ibarakiguide.jp

観光物産館こいこい、観光帆引き船の発着所もあります。

www.ibarakiguide.jp

有名らしいコイ、ナマズなどを使ったバーガーはすでに終わっていました。

f:id:nortebell:20180909232255j:plain

正直、閑散としていて観光客がほんの数人だけ来ていました。

すぐ隣には霞ヶ浦ふれあいランド。

こちらには虹の塔という展望塔、ミュージアム、プールなどがあります。

f:id:nortebell:20180909232301j:plain

虹の塔に登って見ました。霞ヶ浦、田園風景、筑波山と景色は良いです。

f:id:nortebell:20180910235822j:plain

霞ヶ浦のもう一つのお楽しみは湖岸にある霞ヶ浦湖岸道路。

主に自転車用の道ですが、ほとんどのところで車とバイクでも走れます。

道の駅たまつくりから東に向かう道路は湖のすぐ横をバイクで通ることができます。

ほとんど通行する自転車、人、車もおらず走りやすいです。

こんな感じの道が延々と続きます。

f:id:nortebell:20180909232309j:plain

見晴らしが良く、走っていて気持ち良い道です。

日の入りの時間になって来たので止まって少し写真を撮りました。

f:id:nortebell:20180909232312j:plain

霞ヶ浦へ沈む夕日。

f:id:nortebell:20180909232304j:plain

道の途中には公園、国民宿舎などもありました。

f:id:nortebell:20180909232315j:plain

土浦のホテルと偶然見つけた真鍋のまつり

霞ヶ浦の東側で霞ヶ浦一周道路は一旦終わり。

1泊目は土浦に泊まることにしました。途中で少し休憩を取った際に楽天トラベルでホテルを探し、直前割で安かったホテルマロウド筑波にします。古いもののちょっと豪華なホテルが破格でした。

暗い道を延々と走って一時間、土浦に着きました。

f:id:nortebell:20180909232319j:plain

ホテルの部屋から祭りのお囃子が聞こえたので行って見ました。近くの神社でやっていた鹿島神社例大祭・真鍋のまつり。山車がたくさん出ていて、結構大きいお祭りで賑わっていました。

f:id:nortebell:20180909232323j:plain

海鮮が美味しい居酒屋熱燗徳利

f:id:nortebell:20180909232347j:plain

土浦の飲み屋、キャバクラなどが並ぶ繁華街の一角にある店です。

店内が盛り上がっているように見えたので、適当に入って見ました。

日曜日なのに地元のグループで店内はかなり賑わっていました。

お祭りでビールを飲んでいたので、地元茨城の地酒から始めます。

地酒などお酒は色々と充実しているようでした。

f:id:nortebell:20180909232329j:plain

お刺身はどんな感じ、と聞いて見たら盛り合わせ一人前を作ってくれました。

f:id:nortebell:20180909232332j:plain

色々と少しづつの盛り合わせですが、コリコリのアワビなど何を食べても美味しいです。

f:id:nortebell:20180909232335j:plain

次は地物の霞ヶ浦のれんこん天にしました。店主によるとれんこんは大きいので、他のネタを混ぜようかとのことでミックスにしてくれました

たしかにほくほくしたレンコンは美味しかったですが、一個で良かったかも。店主の配慮が嬉しいです。

f:id:nortebell:20180909232339j:plain

そして普通の揚げ出し豆腐。

店主と話したりしていたら、釣り人がクーラーボックス一杯の魚を持って来ました。

鹿島灘で今日釣って持って来たとのこと。他のお客さんはその魚を焼いてもらっていました。

f:id:nortebell:20180909232344j:plain

どうしようかな、と思っていたら釣れたての鯛をお造りを作っていて、一皿頂きました。さすがに釣れたてで、甘みと魚の旨味たっぷりで日本酒にぴったり。

f:id:nortebell:20180909232341j:plain

〆は焼きおにぎりを頂きました。雰囲気の良い店で値段も手頃。楽しい時間が過ごせました。

2日目は霞ヶ浦から鹿島に向かい、観光しつつ行けるところまで海沿いに南下する計画です。

熱燗徳利居酒屋 / 土浦駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2