ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

【世界の豆料理】④フランスの家庭料理 白いんげん豆と肉の煮込み カスレ

久しぶりの豆料理です。

4回目はフランスのシチュー、カスレ。フランス料理で良く使われる白いんげんを使います。

f:id:nortebell:20180225155348j:plain

フランスの家庭料理ですが、色々と作り方があるようなので、色々と調べてほるひーと流にアレンジです。

こちらが乾燥白いんげん豆。

f:id:nortebell:20180225155310j:plain

白いんげん豆はいんげん豆の一種で、最初に紹介したピント・ビーンズ(うずら豆)と同じ種類。フランス・イタリア料理の煮込みで特に良く使われるちょっと大きめの豆です。日本では白あん、大福豆などに使わているようです。

タンパク質が多く、カルシウム、鉄分など栄養豊富で、ファセオリンというダイエットに役立つ成分も含まれているそうです。ただ、調理には注意が必要で、十分な加熱が必要とのこと。普通に煮込みに使えばまったく問題無いのですが。

一昔前に白いんげん豆を十分に調理せずに粉末にする食べ方を紹介した番組のせいで中毒になった人が問題になったことがありました。

白いんげん豆食中毒事件 - Wikipedia

国産(北海道) 大手亡(白いんげん) 1kg チャック付
 

 今回のカスレの材料です。

f:id:nortebell:20180225155314j:plain

材料 (4人分)

乾燥白いんげん豆  200g

豚肩ロース肉 200g

ベーコン    100g程度

ソーセージ  4本

にんじん  1本

玉ねぎ  中半分

ミニトマト 6個程度

にんにく 1片

ローリエ 1枚

タイム 小さじ1杯

塩 適量

胡椒 適量

オリーブオイル 適量

小麦粉 適量

作り方

f:id:nortebell:20180225155317j:plain1. 豚肩ロース肉を食べやすい大きさに切って、塩胡椒をし、小麦粉をまぶします。

 

f:id:nortebell:20180225155320j:plain

2. フライパンにオリーブオイルを熱し、強火で豚肉に色がつくまで焼いて一旦取り出します。

f:id:nortebell:20180225155323j:plain

3. オリーブオイルでベーコン、人参、たまねぎ、にんにくを炒めます。

f:id:nortebell:20180225155329j:plain

4. フライパンの中身と取り置いた豚肉、ソーセージ、ミニトマトローリエ、タイム、白いんげん豆を鍋に入れて、水を具がカバーされるくらいより少し多めに加えて、白いんげん豆が柔らかくなるまで、1時間程度中弱火で煮込みます。

f:id:nortebell:20180225155334j:plain

5. 1時間程度煮込み、塩胡椒で味を整えたら完成です。 

f:id:nortebell:20180225155344j:plain

盛り付けて完成です。シンプルな食材で長く煮込んだシチュー。優しい味に仕上がります。具沢山なのでこれだけでも十分食事になりますが、バゲットなどのパンともよくあいます。

f:id:nortebell:20180225155337j:plain

耐熱皿に入れて、パン粉を散らしてオーブンで焼いても美味しいです。

カスレは家庭によって、色々とバリエーションがあるようで、豪華なバージョンだと鴨コンフィをいれたりもするそうです。

白いんげん豆と肉さえあればあとはあるもの次第という感じで、アレンジがきく料理です。

マスコット 白インゲン豆と豚肉の煮込み(カスレ) 116.5g

マスコット 白インゲン豆と豚肉の煮込み(カスレ) 116.5g

 

 

国産(北海道) 大手亡(白いんげん) 1kg チャック付
 
マスコット 白インゲン豆 200g

マスコット 白インゲン豆 200g

 

 

jorgito.hatenablog.com

jorgito.hatenablog.com