ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

【香港旅行】香港空港でミシュラン1つ星店の支店 何洪記粥麺専家に行きました

香港・ベトナム旅行の1日目の大晦日の日。

ランタオ島のフォトジェニックな漁村タイオーに行ったあと、香港空港のホテルに戻り、少し休んだあとに、カウントダウンの花火を見にいく前に、香港空港のレストランで食事としました。

jorgito.hatenablog.com

香港空港は空港内外で色々とグルメが充実しています。。

その中でも、ターミナル1のチェックインカウンターの前には香港中華の名店の支店が並びます。

今回行ったのはミシュランガイドで一つ星を獲得した銅羅湾のお粥、雲呑麺の名店何洪記粥麺専家のエアポート店。

何洪記粥麺専家

f:id:nortebell:20180113234643j:plain

他の空港のレストランと同じく、オープンなセットアップです。少し並んでいましたが、回転が早いようで、すぐに案内されました。

メニューには日本語表記もあります。

f:id:nortebell:20180113234646j:plain

こちら有名な海老雲呑麺。

f:id:nortebell:20180113234650j:plain

f:id:nortebell:20180113234657j:plain

そしてあんかけチャーハン。

f:id:nortebell:20180113234653j:plain

点心も色々とあります。

f:id:nortebell:20180113234700j:plain

f:id:nortebell:20180113234704j:plain

f:id:nortebell:20180113234719j:plain

まずは点心の前菜。揚げ春巻きです。作りたてで、サクッとした衣にジューシー中身。完璧です。

f:id:nortebell:20180113234712j:plain

こちらが蝦入りワンタン麺(58HK$=900円程度)

f:id:nortebell:20180113234715j:plain

日本の麺類と比べるとかなり小さな器です。

スープの最初の印象はあっさりとした魚介のスープ、って感じですが、スープと絡む細麺とプリッとしたエビワンタンと食べていくと全体の味がはっきりしてきました。絶妙なバランスです。

すぐに完食となりました。量はかなり少ないので、これだけは物足りないかも。

f:id:nortebell:20180113234707j:plain

そして、福建チャーハン(143HK$=2100円)です。エビ、ホタテなど、海鮮を中心とした具材がふんだんに入ったあんかけをかけたチャーハン。ちょっと高めですが、量も多めなのでシャアすると良いかも知れません

ワンタン麺も美味しかったのですが、我々はこちらの方が気に入りました。

味が濃そうな見た目をしていますが、そんなことはありません。ちょうど良い辛味と甘みでどんどん無くなっていきます。全体的の調和が良く、具材の種類も多いので全然飽きません。

香港空港は美味しいレストランが多いですが、その中でも大満足の食事になりました。 

f:id:nortebell:20180113234723j:plain

このあとはエアポートエクスプレスに乗って九龍へカウントダウンを見に行きました。

Ho Hung Kee広東料理 / 香港国際空港 (HKG) 周辺)
夜総合点★★★☆☆ 3.5