ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

ブラジル風チキンストロガノフ -Estrogonofe de Frango-

ストロガノフといえば日本ではビーフストロガノフで、家庭での定番です。元々はロシア料理で、世界各国で食べられていますが、ブラジルでも家庭料理の定番として、広まっています。

ブラジルのストロガノフは牛肉を使うこともありますが、鶏肉を使うのがもっと一般的です。エビ等シーフードなど具は色々なアレンジがされています。

調理法の違いとしてはオリジナルのロシア、そして日本で広まっているバージョンのストロガノフはサワークリームを使って酸味を効かせますが、ブラジルバージョンは生クリームを使います。また、細切りのフライトポテトを添えて、一緒に食べるのも特徴です。

細切りのフライドポテト、Batata Palhaは日本で手に入れることは難しいので、じゃがいもから作りました。こちらの作り方は最後に紹介します。

■ブラジル風チキンストロガノフ

f:id:nortebell:20160606000049j:plain

材料(2人分)

鶏胸肉        1枚

マッシュルーム    6個

玉ねぎ          1個

トマト缶       1/2

にんにく          1/2

生クリーム           100ml 

チキンブイヨン    100ml 

ケチャップ            大さじ2

マスタード      大さじ1
塩          適量
バター        適量

ご飯         2人分

細切りフライドポテト 適量  ※レシピは最後に

作り方

1. 鶏胸肉を2cm角に切ります。にんにく、玉ねぎはみじん切りにします。マッシュルームは2mくらいに薄切りにします。。

2. フライパン(か中華鍋、底の深い鍋)にバターを熱し、中火で鶏胸肉を炒めます。

3. 鶏肉に色が付いたら、にんにく、玉ねぎ、マッシュルームを加え、玉ねぎがしっとりするまで7分ほど炒めます。

f:id:nortebell:20160606000041j:plain

4. 火が通ったら、チキンブイヨン(キューブを水に溶かしてもOK)、トマト缶、ケチャップ、マスタードを入れて、中弱火で火を通します。

f:id:nortebell:20160606000043j:plain

5.10分くらい煮込み、生クリームを加え、3分ほど火を通して完成です。

f:id:nortebell:20160606000045j:plain

6. 細切りポテトフライとライスと盛り合わせて完成です。

f:id:nortebell:20160606000049j:plain

■ポテトの細切りフライ -Batata Palha-

ブラジルではどこのスーパーでも売っていて、スナックに食べたり、ホットドッグに添えたり、グラタンに載せたりと色々と使われているBatata Palhaですが、日本ではなかなか見つからないので、じゃがいもから作ってみました。

  1.  スライサーでじゃがいもを切って、水に浸します。使ったのはOXO(オクソー)グレーター&スライサーセットです。これだとポテトがちょうど良い太さにできます。

f:id:nortebell:20160606000032j:plain

 2. ポテトの水をキッチンペーパーで丁寧に切って、160度の油で揚げていきます。

f:id:nortebell:20160606000038j:plain

3. きつね色になったら、完成です。

f:id:nortebell:20160606000039j:plain

 OXOのグレーター&スライサーセットですが、フライドポテトを作ったり、薄切りのポテトチップスを作ったり、人参をサラダ用に薄く切ったりと大活躍しています。キッチンにあったら料理の幅が広がるグッズです。


 

チキンストロガノフですが、 ブラジルで家庭で作るとこんな感じです。結構再現出来ているんでは、と思いました。

 

Estrogonofe, eu mesma fiz ❤?? #estrogonofe #estrogonofedefrango #batatapalha #almoço

Andyさん(@andynyappy)が投稿した写真 -