ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

五反田アトレヴィのシンガポール シーフード リパブリックジュニア

最近、海老料理にはまっているのですが、近場で何かないかなと思っていて、見つけたのがこの店、ンガポール シーフード リパブリック。以前から気になっていた店です。今週、シンガポールシーフードリパブリックの品川店にランチで行ってリベンジしたいなあと思っていたところでもありました。

食べログのレビューを色々と見ましたが、品川はカニ、五反田はエビ、とのことで、エビ料理に力を入れているそうです。

五反田駅前のアトレヴィの5Fにあります。エレベーターを降りたらすぐ店舗で、店内はかなり広い感じです、土曜日の7時に行きましたが、先客はほんの数組でかなり空いていたのが気になりました。

IMG_5336

IMG_5320

ドリンクにはドラゴンハイボールを頼みました。名前で選んでしまいましたが、紹興酒ハイボールでした。なんか微妙な味です、もうちょっと甘みがあっても良かったかも。 IMG_5322

最初に期待していたエビ料理を2品注文しました。

IMG_5327

最初に来たのはクランプスハーバルプラウン(1450円)。ハーブパン粉まみれのフリットです。ウェイターの方が殻も食べられますと、といいながら、持ってきましたが、殻ごと食べてみると、結構硬く、かなり無理がありました。これを食べられるのはかなり口の中が強い方です。海老自体の問題でしょうか、調理の問題でしょうか。味は良いのですが、殻を取ってしまうとちょっとしか残らないですね。

IMG_5323店員に勧められた蒸しパン がきました、エビ料理のソースに漬けて、とのことでしたが、頼んだ2品は漬けるようなソースが無かったです。蒸しパン自体はおいしかったです。 IMG_5328

次に来たのはクリスピーチリプラウン(1450円)。一押しのエビ料理の様です。そう言うようにマニュアルに書いてあるんだか、持ってきた店員さんはまた、殻まで食べられますと行っていました、今度こそ、と食べてみましたが、前回と同じでした。ちょっと無理がありました。ナッツ、唐辛子、山椒、パクチー等のソースは美味しかったです。

IMG_5329

寒い日だったので、エビ料理のあとはオススメの火鍋にすることにしました。鍋のメニューを見ましたが、なかなかどう頼んでいいのか悩ましいところ。セットメニューがなく、単品で選んでいく形ですが、かなり高そうな感じです。スープは2種類、二人で合計1200円。薬味が二人で300円。具は豚ロース700円、白菜500円とちょっと頼んだだけでも高くなりそうです。しかも量がよくわからず、聞いても写真の通りです、とのこと。色々と考えて、ラクサとバクテースープ、薬味に具は豚ロース、あさり、中華野菜、豆腐、ラクサヌードル、水餃子を頼みました。

IMG_5321 IMG_5330

IMG_5332 IMG_5334スープは、両方とも、味は悪くないですが、鍋のスープにしては味が強いです。薬味は写真の通り、9種類で、これだけ揃っていると、テンションが上がりますが、スープの味が強いだけにどこで何を使っていいのか、よくわかりませんでした。

そして、鍋の具ですが、値段に見合っているとは思えませんでした。豚ロースは6枚で700円。ごく普通の肉でした。アサリはすでに殻が開いていました。この値段で殻が開いている貝っていうのもびっくりです。いかにも冷凍って感じで、アサリの出汁もすでになくなっていた後でした。野菜も値段の割にびっくりするほど少なかったです。どんな値段設定なんでしょうか。水餃子もなぜか蒸されていて、鍋にいれたらぼろぼろになりました。冷凍で時間が経っていた感じですね。

全体的につっこみどころ満載なディナーでした。総合的に見ると味は悪くないのですが、店員の一言、メニューの分かりにくさ、CPの悪さ等が気になりました。企業経営のレストランの限界なのかなとも思いました。

土曜日の夜の空いているレストランは何らかの理由があるんだな、と思ってしまいました。

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅