ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

西大井の自然派ラーメン 土田八

西大井から5分程のラーメン屋です。以前から気になっていた店です。西大井は駅前こそある程度人がいますが、土田八のある通りはかなり人通りが少なく、閑散としています。
IMG_4553
IMG_4550
土田八は先客が一組です。店側は店主一人でした。注文しようとしたら、調理が終わってからとのことなので、掲示物を読んでいましたが、店主が日本中で吟味した食材を使った無化調ラーメンとの事で、食材の説明や、土田八のラーメンがどれだけ自然かを強調したお客さんの声等が目立ちます。メニューに書いてある、アートテン豚、アートテン鶏って何かなあと思っていたところで、注文を聞かれたので、おすすめのどたはち伝説中華そばを頼みました。
IMG_4551 見た目は写真の通りで、黄金色のスープに鶏肉、めんまにネギです。麺は縮れ麺。スープを飲んでみると、かなり塩味が強く感じられました。鶏のスープの味は多少はしますが、淡麗というより、旨味が少ない感じ。食べログでは、凄いスープとの評判が多いのですが、私に舌が化学調味料に慣れすぎたんでしょうか。鶏肉も細切れで存在感ほとんど無しでした。ねぎとメンマがアクセントになって麺は全体的にあっていたので飽きはしませんでしたが、大きめのチャーシューと味玉でもあれば良かったかなとは思いました。
全体的にラーメンを食べる時の”ワクワク”感的なものが無く、自然食品をうんちくを言われて食べている、って感じなラーメンでした。
土田八夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:ラーメン | 西大井駅中延駅戸越公園駅

.......追記ですが、アートテンについて少し調べてみました。
アートは「芸術」、テンは「宇宙」のことを指すこの農法は「天の芸術作品を目指す」という意図が込められています。 その原理は、現代の科学では解明できない宇宙からの情報を農業に応用するもの。宇宙からの情報を「数列」で受信し、農地のさまざまな状況に応じて図形や色、文字に変換して利用します。 例えば、ある図形を畑において置くと太陽の光が当たらない場所でもまるで太陽光線によって光合成したかのようにすくすく元気に育ちます。 アネモネ 2013年10月号「医農野菜が育つアートテン農法」 高橋先生インタビューより)
 だそうです。アートテンの井上さんのホームページには土田八の店主さんもインタビューに出ていました。アートテンで
●家を襲った落雷が家の前でピタリと止まった!
●アートテンハウスで地震の地割れが塞がった!
●川が氾濫しても我が家は無傷!
だそうです。ノーコメント。