ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

最高の焼き肉 白金高輪のジャンボ白金店

焼肉激戦区白金高輪のジャンボ白金店に行ってきました。当日思い立って電話したら予約可能との事。

ジャンボと名乗っていますが、経営は矢澤ミート。聞いたところによると、ジャンボ系列で修行した人が開いた店で、ジャンボ本店の秘伝のタレを使っているが、お肉は矢澤ミートとの事。矢澤ミート系列は五反田の矢澤ミート、恵比寿のブラッカウズ、目黒のホルモン稲田に続き、4軒目です。前回のホルモン稲田がイマイチだったので、ちょっと不安でした。

店は雰囲気が良く、テーブル間のスペースも確保されていて、店員も愛想良く。理想的な感じ。

最初に頼んだのは、秋野菜のナムル、タン、カルビのタレ、ローストビーフのユッケ風、ライスとドリンク。

最初に出てきたのは秋野菜のナムル。野菜が完璧に火が通っていて、ナムルの液をさっと通したのか、濃すぎない味が最高です。カウンターをのぞいたらシェフ風の人が4人くらい。先日のホルモン稲田ではアルバイト風の人が調理していたのが見えていたので、料理に力をいれているんだなっていうのが分かります。

 

最初にお肉はタン塩。真ん中が少し赤いくらいまで焼いて食べると良いとの事。少し厚めでタンの濃厚な味が満喫出来ます。

次は普通のカルビ。店員さんが、タレの方が後に等、色々とアドバイスしてくれます。こちらはさっと炙る程度。口の中でとろけます。タレも濃すぎもせず絶妙。美味しい肉ってこういうものなんだって感じ。

そして、本日の希少部位の中からミスジ。薄い肉が5枚で3000円弱。見るからに美味しそう。こちらもさっと炙って。ほどよい脂身が美味しい。みなさんの食べログでもおすすめしていましたが、絶品です。

そして、上ハラミの塩。オーダーの時に店員さんに聞いたら、塩でも美味しいし、この流れなら塩をオススメ、とのこと。塩でハラミは初めてです。

わりと厚めに切られた肉。さっとレモンを搾って食べると、ハラミの特有の味、内臓らしさ、が臭くもなく、旨味として感じられます。

サイドオーダーのキムチ盛り。よく漬かっている感じで、辛さも丁度よく。

シメは上ミノ。店内で流れていた肉の焼き方のビデオに釣られて頼んでしまいました。大抵の焼肉店のミノは固いだけで食感を味わうって感じでしたが、ここのミノは肉の味もしっかりしていて、固くもなく、結構量があったのにいつまでも食べられる感じ。

さすがの人気焼き肉店の味でした。肉は絶品だし、取り扱いも完璧。サイドメニューにも手を抜かず一級品の味。写真にはなかったけど、ニンニク焼も、なんでニンニクがこんな美味しいの、と思うくらい質がよかったです。他にもカレー、オムライス等、色々あって美味しいらしい。

すべてにおいて満足でした。おすすめします。

焼肉手帳

焼肉手帳

うまい肉の科学 (サイエンス・アイ新書)

うまい肉の科学 (サイエンス・アイ新書)

関連ランキング:焼肉 | 白金高輪駅広尾駅