読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

キューバのおそとごはん その3 ハバナ

キューバ 海外旅行

2015年6月にキューバ旅行に行った時のごはんの紹介シリーズ3弾です。

こちらは着いて2日目の夜の食事。ホテルも多い、Vedadoエリアで歩いていて、見つけたパラダール(Paladar)、個人経営のレストランの食事です。

ちょっと暗い室内で雰囲気は良いです。

注文したのはMar y Tierra。お肉とシーフードの盛り合わせを二人で。

豚肉、鶏肉は固いものの旨味たっぷり。海老とロブスターはちょっと残念な味。キューバのロブスターは尻尾だけ出てくるのですが、処理が悪いのか大抵ちょっと生臭いです。なんか、ちゃんと処理すれば美味しいと思うのに、もったいないです。

IMG_0572

こちらはハバナの観光の中心地 Calle Obispoの客引きに連れられていった近くのレストラン。雰囲気はすごくよく、観光客向けらしく、弾き語りの人も来ました。

こちらは待たされて出てきたパエリア。すごい量ですが、かなりべちゃっとしています。なかなか技術が追いついていません。IMG_0595

鶏肉のカレー。ちょっと中華風か。悪くはないんだけども、まあ、普通です。IMG_0597

3日目はキャバレー トロピカーナ (Caballet Tropicana)に行きました。Vedadoからタクシーで20分ほど。ホテルでチケットを取りました。値段差があまりなかったので、食事付きの一番良いプラン。

まずはレストランで食事です。前菜のサラダ。キューバのサラダらしく、切った野菜を並べただけです。ドレッシングはマヨネーズにケチャップ。

IMG_0618

こちらは魚の切り身のグリル。きれいに盛り付けられていますが、調理してから時間が経っていて、ぱさぱさです。 IMG_0622

こちらは牛肉の赤ワインソース。こちらも調理から時間が経っており、直前に温めた感じ。キューバ一のキャバレーでも、食事はかなり残念でした。 IMG_0623一番高い、といっても1500円くらいしか変わらないプランでしたが、ステージ目の前の席でラッキーでした。

IMG_0654

こちらはカバーナ要塞(Cabana)でのランチ。ちょうど現代アートのフェスティバルHavana Biennialが古い要塞を利用して開催していたので、半日過ごしてきました。

ロパビエハ(Ropa Vieja) - 古い服- です。牛肉の薄切りを煮込んだ料理。

IMG_0718

こちらは鶏肉のソテー。ネギと一緒にソテーしていあるのですが、皮はパリパリで身はジューシーでネギの風味が絶妙でした。IMG_0719

こちらはHavana Biennialの様子。

夜はVedadoのレストランに行きました。少し小高いところにある、炭火焼のレストラン。地元のお客さん、観光客で賑わっています。

こちらは鶏肉のグリル。

IMG_0729

こちらは豚肉のグリル、パイナップルソース。IMG_0730

付け合わせを色々と頼みました。黒い豆ご飯、フライドポテトにユッカ。

IMG_0732

このあとバラデロ、シエンフエゴス、トリニダーに旅行し戻ってきました。

最後の日のランチは鶏の唐揚げ、Pollo Frito。何度か食べたのですが、どこで食べても美味しくもう一度。骨つきの鶏に衣をつけて、油で揚げています。皮はパリパリ、中身はジューシー。キューバは鶏肉のレベルが高いです。

キューバは2度目ですが、あまり変わってしまう前に是非もう一度行ってみたい国です。

素顔のキューバ案内 [ 伊東淳史 ]

素顔のキューバ案内 [ 伊東淳史 ] 価格:1,728円(税込、送料込)