読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

静岡の絶品ハンバーグ 炭火焼レストランさわやか 新静岡セノバ店

静岡旅行に行ったきっかけがロケットニュースのハンバーグ対決の記事でした。 各地のハンバーグチェーンの対決の記事で、1回戦の対決の神奈川のハングリータイガーと北関東のフライングガーデン。両方、行ってみて、私の判定でもフライングガーデンの圧勝。2回戦は勝ち上がったフライングガーデンと静岡のさわやかの対決で、さわやかの勝ち。

フライングガーデンでかなり満足でしたが、さわやかは行った事がなかったので、より美味しいハンバーグチェーンがあるの?と興味津々で、とうとう来てしまいました。

静岡のソウルフード、信者が多い店でも有名だそうです。

行った店はアクセスの良い新静岡セノバ店。東海道本線、新幹線の静岡駅から徒歩10分程度の静岡鉄道新静岡駅の駅ビルの5階にあります。日曜日の夜7時頃に着きましたが、すでに待っている方が沢山おり、90分程度待ちとのこと。人気にびっくりしましたが、待つしかないです。

こちらはディスプレイのフードサンプル。

名前を書いて、一時間後に戻ったところ、すでに呼ばれた後で、すぐに席に案内されました。

ドリンク、サイドメニューのフライドポテトと、メインは一番人気の250gのげんこつハンバーグ。2人で片方はスープとライス、もう1つはサラダとライスのセットを注文しました。ソースは基本のオニオンソースですが、デミグラスソースも追加しました。

スープ、サラダ、フライドポテトは特筆することなく普通ですね。ファミレスレベル。

ハンバーグは10分程で熱々の鉄板で出てきました。ウェイターが最後の調理をするタイプ。フライングガーデンハングリータイガーと同じです。

紙のシートを持って跳ねた油が服につかないようにしたところで、ウェイターがハンバーグを半分に切り、火を通していきます。レア気味でとリクエストしたところ、最低限に火を入れてくれました。半分は塩胡椒で味わいたかったので、ソースは自分でかけると伝えました。

若いウェイターがお皿の向きを間違えたのはご愛嬌ということで。

IMG_2672

あまり火が通らないうちにハンバーグはひっくり返しました。そこでソースをかけます。まずは塩胡椒で。

かなり粗挽きのごりごりした食感の挽肉。言うならばステーキを食べているみたいな感じ。お肉は味が少し味がついていますね。肉の旨みとでこれだけでも十分な感じです。一般的な洋食のふんわりしたハンバーグとは全然違います。炭火焼レストランって感じですね。

オニオンソースはまろやかな甘みが肉によくあいます。ご飯と食べるとに更に美味。デミグラスソースは酸味がちょっと強いですかね。悪くはないです。

IMG_2677

250gは多いかと思いましたが、あっと言う間に完食です。他のハンバーグチェーンんとは全然タイプが違うハンバーグでしたが、これはあり、と思いました。再訪したい店です。

関連ランキング:ハンバーグ | 新静岡駅日吉町駅静岡駅