読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

品川駅で購入した駅弁

2015/3/14(土)に新規開通した上野東京ライン。今まで水戸行き特急は上野発でしたが、品川駅への直通運転が開始されました。「特急ひたち」と「特急ときわ」です。「特急ひたち」だと品川〜水戸で1時間20分程度と、品川から水戸が随分と近くなりました。

特急に乗るときはいつも駅弁を楽しみにしています。以前は各駅の有名な駅弁をチョイスしていましたが、最近は有名レストランの駅弁も増えてきました。品川駅ではエキュートもあるし、駅弁のチョイスが充実していますが、今回は(二人で)日本橋の洋食たいめいけんと横浜中華街の廣東飯店の駅弁を購入しました。

IMG_8121

まずはたいめいけんのお弁当。チキンライス弁当、オムライス弁当等色々ありましたが、ハンバーグ弁当にしました。

IMG_8122

 

ハンバーグ、エビフライにタルタルソース、スパゲティ、ポテト、そしてコールスローです。

メインのハンバーグはレトルトのような感じで残念。コールスローはちょっと意外な味でおいしかったです。マヨネーズを使っていないんですね。調べてみたら、たいめいけんのページにレシピが紹介されていました。

たいめいけんには行ったことないですが、本店でこの味だったらちょっとがっかりな感じです。温めることが難しい駅弁は、冷めても美味しい、というか、冷めた時に、暖かかった時より美味しくなる工夫をしてこそ、と思っているのですが、普通に冷めただけに感じられます。 IMG_8125

そして、廣東飯店の豚バラ肉やわらか煮弁当。湘南を中心に駅弁を販売している大船軒との共同開発との事です。 IMG_8123

魯肉飯風のお弁当ですね。豚の角煮、高菜、煮卵です。

豚の角煮が敷き詰められていてインパクトあります。豚の角煮の味はちょっと薄めですね。冷めちゃうとやはり、ちょっと脂がきついです。煮卵はいい具合に味がついていておいしかったです。悪くはないんじゃないでしょうか。

IMG_8124

駅弁に最初に興味が出たのはこの漫画「駅弁ひとり旅」の影響でした。全15巻あって、日本全国を駅弁を食べるためにひとり旅といいつつほぼ2人で旅していく漫画です。大船軒では、この漫画とコラボした駅弁も作っていたのを思い出します。