ほるひーとの日記

食べ歩き、家で作った料理、旅の記録。アジア、南米が特に好き。たまにWeb関係の記事も。

横浜市金沢八景の住宅街の老舗の鰻屋 隅田川

6月にしては暑すぎる休日、八景島シーパラダイスに行く前に金沢八景の老舗の鰻屋 隅田川で昼食にしました。

隅田川

f:id:nortebell:20180613002732j:plain

駅から歩いて12分ほどとちょっと遠いです。金沢八景金沢文庫駅共に同じくらいの距離。

一番近いのはシーサイドライン海の公園南口ですね。食後に歩きましたが、住宅地を歩いて7-8分程です。

f:id:nortebell:20180613002737j:plain

日差しは強く暑い中、商店街を抜けて、住宅地を歩いて、国道沿いの店に到着しました。

f:id:nortebell:20180613002742j:plain

店内は半分くらいの客入りです。

地元のファミリー、グループなどで盛り上がっていました。常連さんが多い様子で休日の特別な機会にちょうど良い店って感じですね。

口コミによるとこの店は鰻だけでなく地魚の刺身も美味しいそうです。

f:id:nortebell:20180613002747j:plain

すぐにメニュー、お茶とお通しに鰻の骨を揚げたものが出てきました。

味付け、揚げ方が絶妙で、手が止まりません。

鰻の骨のせんべいはみやげものとしても売っていました。

f:id:nortebell:20180613002751j:plain

最近の鰻の値段の高騰もあって、結構高いです。

うな重は竹松上とありますが、鰻は同じで、量が違うのみだそうです。

f:id:nortebell:20180613002755j:plain

日本酒の冷を頼みました。ほうれん草の胡麻和えがついてきました。

f:id:nortebell:20180613002758j:plain

おつまみに肝焼きを一本。ふわっとして、鰻の風味が閉じ込められていて美味しいです。

蒲焼定食 3,200円

f:id:nortebell:20180613002802j:plain

連れの蒲焼定食の茶碗蒸しが最初に出てきました。丁寧に調理されています。

f:id:nortebell:20180613002840j:plain

定食のお造りは甘エビ、まぐろにあいなめ。あいなめが甘みがあって美味しいです。地魚だそうです。

f:id:nortebell:20180613002828j:plain

定食とうな重の肝吸いとお漬物。

f:id:nortebell:20180613002823j:plain

蒲焼定食の鰻。これでも結構な量の鰻。ふわっと柔らかい鰻です。薄めの上品な味付け。しつこくない脂の味も心地よく美味しい鰻だと思います。

うな重 松 3,400円

f:id:nortebell:20180613002818j:plain

こちらはうな重の松。お重ぴっちりにしきつめられた鰻。見た目からして豪華。

上だと鰻が2段になって一匹半だそうです。

ちょっと薄味でしたが、最後まで美味しく頂けました。もう少し香ばしかったら更に良かったかも。

店内も綺麗に保たれていて、慣れた店員のサービスも完璧で。常連さんが多いようですが、初めての客でも入りやすい雰囲気。鰻の値段が高いのはしょうがない昨今で、ちょっと豪華なランチになりましたが、満足でした。

隅田川うなぎ / 海の公園南口駅野島公園駅金沢八景駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

 

なぜ評価が高いのかよくわからない五反田の老舗洋食店 グリルエフ

五反田東口の繁華街の入り口の奥にひっそりと佇む昭和25年創業の老舗洋食店 グリルエフに行ってきました。

五反田界隈に10年ほど前に引っ越してから、ずっと気になっていた店。あまり綺麗な外観ではないのに、外に出ているメニューを見るとちょっと高いな、と思ってなかなか行けなかった店。

少し前にテレビドラマ 吉祥寺だけが住みたい街ですか?で出ていて思い出しました。

www.tv-tokyo.co.jp

かなり期待して行ったのですが、正直、最近、行った店の中でも最低の経験になりましたので、ちょっとネガティブな記事になります。なんで、食べログでこんなに評価が高いのか疑問です。

グリルエフ

f:id:nortebell:20180605002543j:plainF

五反田東口を降りて、バスターミナルをこえて、エクセルシオール、カラオケ屋などの並びを入っていったところにあります。駅を降りて徒歩1分。

f:id:nortebell:20180605002546j:plain

かなりレトロな外観です。

土曜日の遅めのランチで、14時のラストオーダーまで30分ほど。店内はカウンターにテーブル席が4つ。2階もあるらしいです。

ほぼ満席でしたが、相席でいいですか?と聞かれたので、OKし、テーブルにカップルが座っているところに2人で相席します。隣のテーブルは空いていたので、予約席なのかな?と思いつつ。

f:id:nortebell:20180605002550j:plain

洋食メニューが並びます。たいめいけん、浅草ヨシカミなど有名洋食店と同じくらいの値段ですね。

一番有名なハヤシライスはメニューにない"裏メニュー"だそうです。

待っているうちに隣の空いているテーブルが埋まりました。なんで相席させたのか不思議です。

ポタージュ 600円

f:id:nortebell:20180605002554j:plain

ポタージュを頼みました。玉子が入ったポタージュスープ。ちょっと塩味が濃いですね。

メインを待っていると、相席していたカップルが空いた2人のテーブルに案内されました。そのあとに別の人が来てまた相席。落ち着きません。それなりの値段の店なのに。

カウンターが空いたので、移れるかな、と思ったら、後から来たお客さんが案内されました。

なぜ?と聞いてみたら、ウエイターがライスを持ってきて、ぽん、とテーブルに置き、ライスが出たら席を移動出来ない決まりなんです、との事。

さすがに納得が行かず、なぜ、と聞いている間に、カウンターがまた空いたので、今度こそ移動させてもらいました。

カニコロッケ 1,500円

f:id:nortebell:20180605002558j:plain

ここでメインの一品目、カニコロッケが出てきました。カニコロッケは2個。そして、ライスが付きます。

まろやかな大きめのカニコロッケです。味がしっかりついていて、ソースは必要ないです。ただ、カニ風味はほとんどありません。普通のカニコロッケ。

ハヤシライス 13,00円

f:id:nortebell:20180605002602j:plain

グリルエフで一番人気だという裏メニュー ハヤシライス。山盛りのルウがカレーの入れ物に入ってきます。薬味にらっきょう、福神漬け、紅生姜が出てきます。

ルウは牛肉の細切り、大きめに切った玉ねぎ、マッシュルーム、そしてグリーンピースを代々継ぎ足しているというデミグラスソースであえているそう。

キッチンの中を見ていると注文があったら、鍋で炒めているみたいですね。

デミグラスソースで味はついているようですが、かなり薄いです。薬味がないと辛いかも

ルウとはいえ、ソースはほぼなく、ほぼ炒め物ですね。玉ねぎがほとんどで、牛肉はかなり少ないです。

特筆するような味ではなく、なんで、こんなに評価が高いのか不思議でした。これで1300円はちょっとないです。

f:id:nortebell:20180605002609j:plain

牛肉だけを選んで食べたわけではないです。玉ねぎばかりです。

会計の際にシェフが出てきたので、なんで、店員の対応がおかしかったのか聞いてみたところ、店員のしつけが悪くて、すまなかったとの事。

その横でその店員本人は自分は悪くないと言い訳をしていました。それに対して何も言わない、シェフ。飲食店としてはありえない対応だと思います。

テレビに出たりして、人気になっていて繁盛しているので、一見の客はどうでもいいんでしょうかね。隣の客も文句を言っていたので、我々だけではなさそう。

味、サービスも久々の低評価となりました。なんで、評判が良いのかわかりませんでした。

グリルエフ洋食 / 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.3

 

本当においしく作れる洋食 (きちんと定番COOKING)

本当においしく作れる洋食 (きちんと定番COOKING)

 

 

香港の6時間のストップオーバーで中環で大人気のワゴン式飲茶 蓮香居

こんにちは、ほるひーとです。

ちょっと前になりますが、年末年始にベトナム、香港旅行に行った時の最後の記事です。

ベトナム旅行からの帰りの香港での乗り継ぎ。約6時間あったので、空港から外にでて、セントラルの人気のワゴン式飲茶 蓮香居に食べに行くことにしました。

思ったより、結構簡単に行けて、大満足の時間が過ごせました。長時間乗り継ぎの時間のランチにおすすめです。

jorgito.hatenablog.com

ベトナム・ダナンを早朝に出てきて、香港に11:40に到着。日本行きの便が18:15発。

入国は結構人がいましたが、進みは早いです。

一旦出国して、トラムに乗ってセントラルの飲茶の店に向かいました。

セントラルへは香港空港からエアポートエクスプレスで香港駅へ。列車は10分おきくらいにあり、乗車時間は24分。料金はちょっと高めで片道で1500円程度。

www.tripadvisor.jp

香港駅には1時過ぎには到着。香港駅は少し複雑でトラムの停留所まで10分程かかってしまいました。

トラムの停留所で堅尼地城(ケネディタウン)行きに乗って、Google Mapを見ながらあたりをつけて、蓮香居近くで降ります。停留所の間隔が狭いので少し過ぎてから降りても大丈夫です。

f:id:nortebell:20180402001622j:plain

ビルに大きなサインが出ており、店はすぐにみつかりました。エレベーターで2-3Fです。

f:id:nortebell:20180402001626j:plain

中国語のメニューが外に貼ってありました。

f:id:nortebell:20180402001630j:plain

店内は土曜日の昼間だけあってかなり混んでいて、香港らしい熱気が漂ってきます。

店内の様子に圧倒されましたが、少し様子を見ていると店員さんが来てくれて、大テーブルの相席で案内されました。

蓮香居

f:id:nortebell:20180402001634j:plain

すぐに飲茶の定番のお茶が出てきました。

f:id:nortebell:20180402001640j:plain

とりあえず、ワゴンが来るのを待って。様子を見ていましたが、なかなか来ません。

f:id:nortebell:20180402001643j:plain

店内は地元の人の家族連れがほとんどです。観光客はあまりいません。

みんな、常連なのか、食べ物が無くても新聞を読んだり、話したりで待っています。

なかなかワゴンが来ないので、カウンターにあった大根餅などを取りに行きました。

f:id:nortebell:20180402001647j:plain

焼きたての大根餅は普通に美味しいです。

ただ、お腹にたまって他を食べられなそうになるのでほどほどにします。

f:id:nortebell:20180402001651j:plain

20分ほど経ってもワゴンは来ません。

どうしようかな、と思っていたらようやくワゴンが到着。

f:id:nortebell:20180402001705j:plain

まずは、揚げ春巻き。点心らしく無いですが、とりあえず、取ります。

皮がぱりっとして、中の具はジューシー。すごく美味しいです。

次のワゴンはすぐに来ました。しかも、3台も一緒に。色々な種類の点心が一緒に来ました。

f:id:nortebell:20180402001731j:plain

少しづつ、色々と揃っています。

f:id:nortebell:20180402001717j:plain

まずは蒸したての小籠包にします。これでこそ、飲茶。ぷりっとして、中からはジューシーなお汁が。

f:id:nortebell:20180402001720j:plain

次は蒸籠の中で蒸された牛肉の中華シチューっぽい料理にします。長時間煮込まれた牛肉がほろっととろけます。こちらも絶品。

香港の点心は色々とバリエーションがあって楽しいです。

f:id:nortebell:20180402001724j:plain

湯葉を使った点心。色々な具がつまっています。ちょっと食べにくいです。

f:id:nortebell:20180402001727j:plain

最後に、魚介の団子と大根。味付けが絶妙。

f:id:nortebell:20180402001746j:plain

これで2人で7皿。お腹いっぱいになりました。

以前行った倫敦大酒樓に比べて点心のバリエーションは普通で庶民的な感じでしたが味は抜群。こちらの店の方が地元客が多くて本場って感じがします。これだけ食べて一人1500円程度とCPも抜群でした。

jorgito.hatenablog.com

食事のあとは香港駅周辺で土産物ショッピング。合計4時間ほどで香港空港に戻れました。

蓮香居飲茶・点心 / 上環 ションワン)
昼総合点★★★☆☆ 3.9

 

恵比寿のインスタ映えって言葉がぴったりなメキシカンレストラン ラ・エスキーナ

恵比寿でとあるイベントに参加した後の夜、ラテン系の料理が食べたくて予約したのが2017年にオープンしたメキシカンダイナー ラ・エスキーナ - La Esquina -

食べログでも高評価の店ですが、何を食べても美味しく、雰囲気、サービスもよく大当たりでした。

f:id:nortebell:20180605001659j:plain

一押しはメキシコ料理の定番タコスですが、フィリングを韓国風、和風などにしたクラフトタコスを特に押している様子。

f:id:nortebell:20180605001705j:plain

f:id:nortebell:20180605001716j:plain

恵比寿らしくおしゃれな外装。

予約して行きましたが、店内は満席でした。さすが恵比寿、デートか女子会のお客さんが目立ちます。外国の方も結構いましたね。

f:id:nortebell:20180605001709j:plain

メインのメニューはメキシカン、というよりかアメリカ風のメキシコ料理、Tex-Mex系の料理が多いです。

f:id:nortebell:20180605001726j:plain

こちらがクラフトタコスのメニュー。牛ハラミコリアンBBQなど一風変わったのがいくつか。

f:id:nortebell:20180605001731j:plain

テキーラも種類が豊富です。それよりも、テキーラのボトルの手書きのイラストで構成されたメニューのセンスの良さに驚きです。

f:id:nortebell:20180605001744j:plain

そして、本日のおすすめ。

和とメキシコ、というか、ラテンのフュージョンが並びます。

f:id:nortebell:20180605001747j:plain

まずは生ビール。グラスも凝っていてインスタ映えしそう。

内装、食器など全てが調和していてセンスが良いです。

f:id:nortebell:20180605001751j:plain

前菜はたーぷり桜エビのワカモレ

f:id:nortebell:20180605001801j:plain

ワカモレが見えないほどに旬の食材、桜エビが山盛りです。

チップスはちょっと厚めのトルティーヤを揚げたもの。

柔らかめの桜エビがアボカドに合いすぎてびっくり。

おすすめメニューはシェフの実力発揮の場所って感じでしょうか。

f:id:nortebell:20180605001805j:plain

ソフトシェルクラブタコス、牛ハラミのコリアンBBQタコス、神威豚ポークカルニタスタコスのクラフトタコス3種です。

具が山盛りでちょっと食べにくいのですが、どれも味は完璧。韓国風のタコスはちょっと意外な味ですが、トルティーヤに合わないはずはないですね。

f:id:nortebell:20180605001809j:plain

メインはこの店のおすすめのメキシカンローストチキンスペシャルプレートにトルティーヤを4枚追加。

自家製のコーントルティーヤはメキシコらしい保温容器に入って出てきます。

クミンなどのスパイスが効いて柔らかくジューシーに仕上げられたチキン。

アボカド、目玉焼き、トマト、ハラペーニョサワークリーム、チーズ、パクチーサルサなど、トッピングがたくさん並びます。

一つだけメキシコ風でないのが、東南アジア風の甘いスイートチリソース。これは意外にメキシコ風の食材にあいました。

自分で自由に具材を組み合わせていく料理は誰でも好きですね。楽しませる料理、をわかっている店なのかなって思いました。

f:id:nortebell:20180605001812j:plain

厨房を見ていた感じ、日本人の方ばかりでしたが、メキシコの経験が長い方なんでしょうか。

私はメキシコで数ヶ月過ごした経験があるのですが、メキシコで食べられる料理の基本はしっかり守っている上で、色々とアレンジされているよう見受けられました。

雰囲気、サービスもよく、楽しい土曜日の夜になりました。

ラ エスキーナメキシコ料理 / 恵比寿駅代官山駅広尾駅
夜総合点★★★★ 4.0

【青森旅行】青森のソウルフード 味噌カレー牛乳ラーメンの老舗 札幌館

青森旅行の4日目は青森駅周辺からスタート。

観光物産館アスパムで買い物をしてから、一旦、帰りの新幹線が出る新青森駅に向かいます。

荷物を預けて、新幹線の時間までランチ、そして、青森美術館三内丸山遺跡で観光にしました。 

www.aomori-kanko.or.jp

ランチのお目当は青森の名物ラーメン味噌カレー牛乳ラーメンの老舗、札幌館です。味噌カレー牛乳ラーメン、って?って感じですが、青森では古くから定番のラーメンのようです。

駅からは歩くにはちょっと遠いのでGoogle Mapのおすすめ通り、バスで行きます。

新青森駅の在来線側のバス乗り場から市民病院行きのバスで3分ほど行って、大通りのマツダ自動車前のバス停から5分ほど。

札幌館

f:id:nortebell:20180525003206j:plain

この店、数十年前から地元の人に大人気の店らしく、連れが子供の頃にも行った事があるとの事です。

青森というと煮干の出汁の中華そばですが、こちらも人気だそうです。

f:id:nortebell:20180525003209j:plain

f:id:nortebell:20180525003218j:plain

店内では何人か待っていました。

店に入っていきなり注文で、ちょっと戸惑います。しかも後から人がくるので、ちょっと急がされる感じ。

カウンターの奥にメニューが書いてあります。

定番と思われる味噌カレー牛乳ラーメンとラージャーメンにします。

f:id:nortebell:20180525003221j:plain

店内はカウンターにまわりにテーブル席が並びます。大きめの店内。なんらかの味噌ラーメンを食べている人が多いです。

f:id:nortebell:20180525003225j:plain

札幌館という名前ですが、札幌の店満龍がルーツとの事。

味噌カレー牛乳ラーメン

f:id:nortebell:20180525003240j:plain

こちらが目玉の味噌カレー牛乳ラーメン。思ったより普通の味噌ラーメンって感じです。

少し濃い目の色のスープにメンマ、チャーシュー、もやし。中太麺。

f:id:nortebell:20180525003251j:plain

名前そのままですが、少しスパイシーでクリーミーな味噌ラーメンって感じです。あまりカレーっぽくはないですね。おもったよりこってりしてずに、どっちかというとあっさりかも。完成度が高いです。

ラージャーメン

f:id:nortebell:20180525003247j:plain

こちらはラージャーメン。

担々麺ですが、こちらの方が気に入りました。

程よい辛さで、旨味が十分に感じられます。ひき肉など具もたくさん入っていて、飽きさせないです。

これはリピートしたくなる美味しさ。

味噌カレー牛乳ラーメンと名前からしてどうかな、とは思ったのですが、普通に、というか普通よりかなり美味しいラーメンで大満足でした。

札幌館ラーメン / 新青森駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

f:id:nortebell:20180525003801j:plain

ラーメンのあとは青森出身の奈良美智の青森犬で有名な青森美術館へタクシーで向かいました。企画展のシャガール展に青森ゆかりの作家の常設展。

f:id:nortebell:20180525003807j:plain

こちらは奈良美智の新しいモニュメント。

f:id:nortebell:20180525003811j:plain

森美術館のあとは三内丸山遺跡へ歩いて向かい、美術館、そして遺跡を観光し、品尾盛駅から新幹線で戻りました。

 

横浜馬車道のフレンチで肉のロースト ロティスリー・アルティザン

横浜美術館でヌード展を見た帰り、馬車道でディナーにしました。

ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより | 開催中の展覧会・予告 | 展覧会 | 横浜美術館

行った店はフレンチのロティスリー・アルティザン

チキンだけでなく色々な種類の肉がロティスリーで焼かれて提供される店。元町に本店があり、この店は2号店だそうです。

f:id:nortebell:20180525004214j:plain

馬車道のメインの通りから少し入ったところ。

当日予約で席が取れましたが、店内はほぼ満席でした。

f:id:nortebell:20180525004226j:plain

食前酒はブリュゴーニュハイボールにします。リンゴ酒とソーダの組み合わせですが、見事なハーモニーです。

f:id:nortebell:20180525004233j:plain

f:id:nortebell:20180525004229j:plain

こちらがメインのメニュー。前菜には色々なフレンチの料理が。メインはロティサリーの料理が並びます。

f:id:nortebell:20180525004237j:plain

まずは二人で牡蠣を3個づつ。大きめの牡蠣。レモンと自家製カクテルソースで食べます。

質の高い牡蠣。絶品です。

カクテルソースはアメリカの甘みとツンとした辛味だけが目立ったの印象がありましたが、全然別物。ケチャップ、ホースラディッシュ、生たまねぎなどの調和が素晴らく、牡蠣にぴったりでした。

f:id:nortebell:20180525004240j:plain

前菜の2品目は鳥のレバーと黒トリュフのパテ。1500円と高めですが、それだけの価値がありました。

甘いソースのかかったパンとの調和が絶妙。

f:id:nortebell:20180525004243j:plain

そしてトリトリフスープ。スープだけでも十分美味しいですが、サイドに添えられたトリフとチーズでさらに味わいが増します。

f:id:nortebell:20180525004248j:plain

メインの一品目はロティスリーチキンの国産雛鳥の1/4、そして肉汁ローストポテト。

チキンは皮が焦げていたのが残念。ロティスリーだったらパリッとしてちょうど焦げないくらいにして欲しいところ。お肉はジューシーで普通に美味しいです。

ポテトは肉汁って感じはせず、普通のローストポテト。

f:id:nortebell:20180525004337j:plain

最後は45日熟成リブロース(2800円)です。

こちらが非常に残念でした。赤身肉の熟成との事でしたが、まず、筋がありすぎ。固すぎてよけて食べる以外ないです。

そして、残ったお肉ですがかなり赤いですが、一通り火は通っていました。ただ、肉の旨味など、味がほとんどないです。

どうしちゃったんでしょう。熟成肉ってこんなもの?

f:id:nortebell:20180525004343j:plain

最後の前まで結構良かったのですが、最後の最後で残念でした。

前菜等は美味しく、ドリンク、店の雰囲気などかなり良い店だと思います。ただ、最後のお肉はこれはないかな、と思いました。

ロティスリー・アルティザンステーキ / 馬車道駅桜木町駅関内駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

 

 

【青森旅行】弘前さくらまつりと「津軽百年食堂」で有名な三忠食堂

2018年GWの青森旅行の3日目は弘前です。

青森の桜の名所弘前城の桜祭りに行ってきました。ただ、桜はほとんど散った後。

前日の夜に雨の中、ライトアップを見に行きましたがほとんど見られず。

jorgito.hatenablog.com

次の日のメインは津軽民謡の全国大会でしたが、昼休みに桜祭りにも行きました。

www.hirosakipark.jp

ソメイヨシノはすでに散っていましたが、他の種類の桜は満開で綺麗でした。

f:id:nortebell:20180522000752j:plain

f:id:nortebell:20180522000808j:plain

出店もたくさん出ていて、かなりの人出。

f:id:nortebell:20180522000812j:plain

ランチは小説と映画で有名な「津軽百年食堂」の舞台にもなった三忠食堂の出店で中華そばです。

津軽百年食堂 (小学館文庫)

津軽百年食堂 (小学館文庫)

 


映画『津軽百年食堂』予告編

美味しんぼの100巻 日本全県巡り 青森編でも紹介されていました。

美味しんぼ 100 日本全県味巡り 青森編 (ビッグコミックス)

美味しんぼ 100 日本全県味巡り 青森編 (ビッグコミックス)

 

f:id:nortebell:20180522000815j:plain

レトロな看板が格好いいですね。

f:id:nortebell:20180522000819j:plain

外にはフードディスプレイ。メニューは津軽そばと昔ながらのラーメン、中華そばに色々なトッピング。

f:id:nortebell:20180522000823j:plain

結構広めの店内です。

▪️津軽そば 650円

f:id:nortebell:20180522000830j:plain

そばはつなぎに小麦粉ではなく大豆を使って、2度寝かせ、できるまでに3日かかるとのこと。出汁は鰯の焼き干し。

あっさりとしたスープで飽きない味です。

麺は少しボソボソって感じはしました。

▪️中華そば 650円

f:id:nortebell:20180522000827j:plain

もうひとつの目玉の中華そばです。

こちらは鯖節を使っているそうです。津軽そばより少し濃いめのスープに青森のラーメンでよく見られるらしい縮れ麺。

スープはあっさりですが、深みが感じられます。

そこまで安くもなく、昨今のラーメンと比べるとやはり物足りなさは感じます。

有名店とのことで、本店ではないものの、行ってみたかったので、雰囲気は味わえて満足でした。

ラーメンのあとはさくら祭りを散策。

お化け屋敷など色々とありましたが、ワールドオートバイサーカスに行くことにしました。おとな一人700円とかなりの値段です。

f:id:nortebell:20180522000835j:plain

木製の円柱形のコースをバイクが手を話したりと、色々な技を披露しつつ走ります。

f:id:nortebell:20180522000838j:plain

コースが木製でバイクが通るたびに全体が揺れます。

f:id:nortebell:20180522000846j:plain

正直、そこまで期待しておらず、物珍しさに行ってみたのですが、すごい迫力で楽しめました。

その後もビールを飲みつつ、たくさん出ている屋台を散策。

昔ながらのお祭り、って感じで楽しい日になりました。